2016-05-20 14:01 | カテゴリ:未分類

給食のタケノコご飯から基準超のセシウム 宇都宮の小学校

 宇都宮市は11日、市内の小学校で10日に提供した学校給食のタケノコご飯のタケノコから、基準値(1キロ当たり100ベクレル)を超える放射性セシウムが検出されたと発表した。

 市によると、10日の給食で同校児童531人が食べたタケノコごはんを簡易検査したところ、基準を超える放射性セシウムが疑われたため、栃木県林業センターで精密測定。その結果、最高で234ベクレルを検出した。

 県環境森林部がタケノコの出荷者に事情を聴いたところ、出荷制限がかかっていない宇都宮市産に、出荷制限区域のタケノコが交じっていた可能性があるという。(産経新聞 2016:5:11
  

              

以上のように栃木県宇都宮市の学校給食に使われたタケノコから規準越えのタケノコが検出された。栃木県が全県でタケノコを全量検査して出荷しているということは聞いていないので、おそらくこれは氷山の一角だろう。5年経って福島県以外の栃木、群馬、茨城、千葉などの行政や住民は山菜料理に無警戒になりつつあるようで、今後もこういう事件が頻発するだろう。山菜や椎茸など行政や流通業者で食品の放射能の長期モニタリング体制を敷いていないところでは、販売網をすり抜けて、却って人々の口に放射能が取り込まれる可能性が出てきたといえよう。2011年の東電福島第一原発事故当時は放射能汚染に神経質になっていたので人々は山菜はあまり口にしなくなっていたからである。人々の警戒心がゆるんできたのである。
  

  市販の農家が栽培する栽培作物はセシウムイオンと拮抗するカリウムイオンの施肥が農協などで指導されているところでは、可食部の放射性セシウム含量が低く抑えられる可能性が高いが、山菜には養殖物を含めて積極的に施肥基準値を定めたカリウムが施肥されているとは思えない。なので、どうしてもタケノコの可食部の放射能は事故年(2011年)から比べて一定程度急速に低下しているとしても、その後は極めてゆっくりと低下しているものと思われる。タケノコ林の中で放射性セシオウムの循環が始まっていると考えられる。
     

  ところで小生たちはすでにタケノコの分析結果を2014年に論文で報告している(付記1)、オートラジオグラフも以前にこのWINEPブログで紹介している(付記2)。そのブログで紹介したときは論文に投稿する前であったのでブログでは詳しいことは述べられなかった。なので、ここであらためて少し論文の内容などを紹介しておきたい。(詳しいことは付記の論文をご覧ください)。
     
スライド2 
図1.マダケ(真竹)のオートラジオグラフ (上の写真が原図、下がオートラジオグラフ)。
両者でタケノコの像の位置が少し入れ替わっていますが、はしご状(ラダー)があるのは薄く縦切りにした断面です。今のびつつあるタケノコの先端部分が非常に濃い(放射性セシウム濃度が高い)ことがわかります。(測定値は図3に示してあります)

 
  
スライド3
  
 図2.マダケの皮をはいだ可食部のみを薄く5枚に縦切りにしたモノのオートラジオグラフ。先端部が濃く写っていることがわかります。上の写真のように新鮮な時にIP-プレートにセットしたのですが、感光中にだんだん乾いてくるので、下のオートグラフの像は上の写真と比べて位置が少し動いているとともに少ししぼんで見えます。 
  
スライド1
図3.上はマダケの可食部を上部(TOP25番目が最先端)から順番に節位ごとに輪切りにして、測定した放射性セシウム(134Cs + 137Cs)の濃度。それぞれの節位に対応するタケノコの皮の部分も測定しています。下は同じ部位の天然の非放射性セシウム(133Cs)濃度。可食部の放射性セシウムは先端部分の柔らかいところが非常に高いことがわかります。(133Csが皮の先端部で異常に高い理由はいまだにわかりません)。
 
スライド1 
図4.上の写真は竹藪のなかの各所の竹の皮を薄くカッターナイフで削ったモノ。下はそのオートラジオグラフ。竹の表皮の表面側に沈着したフォールアウトははがれ落ちていないで固着したままであることがわかる。5年たってこの竹が枯れたりしたら、除去しなければ、虫に食われて生物の食物連鎖(林内循環)に入っていく。
    

(森敏)

付記1.

Hiromi Nakanishi, Houdo Tanaka, Kouki Takeda, Keitaro Tanoi, Atsushi Hirose, Seiji Nagasaka, Takashi Yamakawa & Satoshi Mori (2014) Radioactive cesium distribution in bamboo [Phyllostachys reticulata (Rupr) K. Koch] shoots after the TEPCO Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant disaster, Soil Science and Plant Nutrition, 60:6,801-808,

(無料でダウンロードできます)
   

付記2.

 

 

 

 

 


秘密

トラックバックURL
→http://moribin.blog114.fc2.com/tb.php/2064-3971278f