2016-05-04 18:08 | カテゴリ:未分類

天気がいいので、3つの展示館をはしごした。

 

最初に新聞社から「ただ券」が手に入ったので、白金にある東京都庭園美術館『メデイチ家の至宝 ルネサンスジュエリーと名画』(4/22から7/5まで。入場料1600円?)に出かけた。ルネサンス期のイタリアで権勢を誇ったメジチ家の宝石の数々を展示してあり、専門家がみれば息を飲むものが大部分だったのだろうが、老眼の小生にはガラス箱の中に入れられている飾り物の宝石の細工が子細に観察できなくて、すごく残念だった。暗い中での凝視は目がとても疲れるので途中であきらめてしまった。外科医が用いる至近距離用のルーペを持ってきている男性がいて、いたく感心した。見学される方は是非30センチぐらい離れてもよく消えるルーペを持参されるとよいと思います。お気の毒に高齢のご婦人たちが大勢で「よくみえないわねー」と苦労しっぱなしで見ておられました。

 

  最後に土産物店があったのでイタリアの香水を片っ端から嗅いで回った。なんと小生には全部が香しく感じられた。疲れていたので一気に気分がすっきりした。そのときはあまり気がのらなかったのだが、10mL1本1000―3000円ぐらいの香水だったので買ってきた方がよかったかもしれないと今頃になって後悔している。

 

次に、気になっていた東京駅北口の東京ステーションギャラリーで開かれている『川端康成コレクション 伝統とモダニズム』(4/23-6/19まで。入場料1000円))にでかけた。川端康成所蔵の100点以上のオリジナルな絵画、墨絵、墨書、焼き物、彫刻などが展示されていた。絵画はほとんど全部小生がこれまで見たことがないモノだったので非常に興味深かった。特に東山魁夷の若いときの絵画14点は彼の若いときにはこんな絵も描いていたんだ!となぜか安堵した。川端康成は出版社を通じて、自分の小説本の装丁や新聞小説の挿画を著名な画家に頼むことから、原作や習作を寄贈してもらったモノのようである。書画骨董以外に、日本の各小説家との書簡が展示されていたのは興味深かった。現物が広げてあった手紙や葉書は老眼鏡で近づいて読めたので、全部読んだ。非常におもしろかった。それにしても、川端康成は作家から来た手紙すべてを丁寧に保管していたのだろうか。封書も手紙もあまり古びておらず恐るべき収集家だと思った。

 

以下についてはすでにどこかで読んだことがあるのだが、かつて太宰治が川端康成に「芥川賞」に推薦してもらいたい由の切々たる3メートルぐらいの勧進帳(和紙の巻物)が展示されていた。結局太宰治は芥川賞をもらわずに玉川上水に女性と入水自殺をする。しかし、後になってこんな実物の巻物が川端康成によって世の中に開示されるなんて、「負け犬を打つてどぶに突き落とす」川端という男は、よほど太宰が嫌いだったんですね。

 

川端康成の年譜を見ると、川端はノーベル文学賞をもらったあと睡眠薬中毒になったりして、72歳でガス自殺しているけれども、もう書く小説ネタがなくなったんではないかと思いました。ヒトの感情の機微などがもう、全部わかっちゃったんでしょうね。しかしあらためて小生はすでにその年を越えてしまっているのに愕然としましたね。研究したいことはいっぱいありますが、資金もなく、体力も続かなくなってきました。「素朴実在論」を地でいくわれわれ農芸化学者は自然現象の発見とその本質の解明というネタには事欠きません。人間のことは何歳になってもさっぱりわかりませんが。

 

つぎに、東京駅の南口を出てすぐ左の日本郵便の高層ビル「KITTE」のなかにある博物館(月曜日休館。無料)に出かけました。これは東大の博物館と郵便局が連携した社会貢献博物館だということです。なかなかすばらしい博物館です(まだ2、3階に二カ所あるうちの2階のワンフロアしかみないうちに締切閉館時間が来てしまったので感想が不十分ですが)。2階の館内は一見雑然としていますが、キュレーターがあちこち気を利かして、見る人におもしろおかしく感じるように展示していることが歴然です。「のみ」や「しらみ」の強拡大写生図、ワニの剥製が高い壁に貼り付けてあったり、古色蒼然たる書籍が高い天井まで届く書庫にぎっしりと詰められていたり、高いところに鳥の剥製があちこち止まっていたり。様々な人物の銅像があちこちおいていたり。。。。そのあいだを巨大な動物の骨格標本から2-3ミリの小さなムシの標本、世界中の岩石の標本などがうねうねと展示されています。「別に系統立てて見て頂かなくて、興味のあるところを見てください」という展示の仕方には非常に共感を覚えた。勉強させようという展示の仕方でないのがよい。

 

一隅に加藤弘之東大初代総長(かれは旧帝国6大学で構成する日本学士会の創設者でもある)の顔の銅像がさりげなくあったのにはおどろきました。朝倉文夫制作ということです。本当に間近に目を合わせてみてみた。実に迫力満点の像だと思った。かつては東大の法学部かどこかにあったのだろうが、小生の在職中はその所在を知らなかった。いま初めて見た。昔、このWINEPブログでも紹介したのだが、加藤弘之は兵庫県出石郡の出身で、小生は10年ほど前にその生家を中学時代の恩師広井大先生の案内で訪ねたことがある。そのときでもこの家は出石高校かどこかの家庭科の実習に使われているということで、よく手入れがされていた。 展示場にはほかに小生が知らない教授の銅像などが数点あった。大学構内で収蔵しきれない銅像はこちらで全部注釈付きで開示したらどうかと思ったことである。書物でしか知らない昔の著名な教授の実像と正面から対峙してみるのもなかなかの一興である。

    

特別室には今をときめくノーベル物理学賞を得た梶田隆章教授の展示コーナーがあった。ノーベル賞の賞状とメダルのレプリカが飾ってあった。壮大な展示物とともに『ニュートリノは極小の素粒子の世界と極大の宇宙を結ぶ架け橋』という梶田教授の言葉が載っているパンフレットが無料で配られています。

    

東京駅で列車待ちの時間があったら是非このKITTE博物館にお寄りください。現代の流行のあちこちのコンピューターグラフィックの「バーチャルな画像なんかくそ食らえ」という迫力を、地球上に存在してきた実物が深く物語ってくれます。見学者はきっと何かわくわくした知的好奇心を喚起されると思います。小生にとってあらためて詳しくは知らなかったことばかりでした。今後も頻繁に訪れるリピーターになりそうです。何しろタダですから。


    
(森敏)
付記1:本日学術会議の帰路に再度 KITTE に立ち寄ってみた。3階の展示室をみたが、こちらはあまりにも古色蒼然としており、照明が暗いので、印象が低かった。もっと手を入れて楽しく見える工夫をしたほうがいいい。

付記2:この博物館の運営は Intermediatheque という組織が行っているということである。
開館時間は11:30-18:00(木金は20:00まで)
秘密

トラックバックURL
→http://moribin.blog114.fc2.com/tb.php/2060-fad8cee1