2017-05-26 11:32 | カテゴリ:未分類

反原発・細川牧場裁判支援の皆さんへ

くつざわ(支援する会事務局)

 

いよいよ614に原告本人を含め4人の方の証人尋問が行われます。

 

日時場所:614(水)午後1:30から430 東京地方裁判所806号法廷

 

証人は、馬場さん(獣医学者として馬の価値など)、庄司さん(元農協職員として細川牧場の馬の頭数など)、齋藤さん(福島のにぐらや牧場経営者、当時の被害、細川牧場の馬の価値など)、細川さん原告の順で尋問です。

 

1年ちかく和解協議を続けてきましたが、被告東京電力が馬の価値を認めず賠償額を極めて低くするかたくなな態度をつづけたため、決裂。公開の法廷で、証人調べにより、損害の立証をすすめ判決を取りに行くしかなくなりました。

 

飯舘村は、高線量にもかかわらず避難地域解除=帰還強要=被ばく強要がすすめられ、これを安倍政権は「復興」と称して原発被害を過小評価しています。今も続く原発被害を明らかにし、細川さんの正当な損害賠償を認めるとともに、すべての原発被災者の要求実現をめざしましょう。

 

傍聴席を埋めることで、細川さんを励まし、支援しましょう。お誘いあわせの上、ご参加、お願いします。

 

   

(森敏)
孤高な裁判闘争を余儀なくされている細川さんの、「馬の大量死」に関する過去のWINEPブログの関連記事は以下の通りです。


 

2017-04-18 07:38 | カテゴリ:未分類

日本人の首切断。元台北市議、犯行認める
読売新聞 20170417

  
台湾南部・台南市の烏山頭(うざんとう)ダムで、日本統治時代に同ダムを建設した日本人土木技師、八田与一の銅像の首が切断されているのが見つかり、元台北市議の男が17日、警察に出頭した。
 男はフェイスブックで自らの犯行を認めている。1930年完成の同ダムは、不毛地帯だった南部の嘉南平野を台湾最大の穀倉地帯にしたとして、八田の功績は台湾の教科書でも紹介された。銅像の切断は16日に見つかった。(台北支局 向井ゆう子)

    
ーーーーーーーーーー 

      
(森敏)
付記1:非常に残念な事件だと思う。銅像や仏像にペンキを塗ったり、灯油をかけたりする人の心境はわからないでもないが、このように銅像の首を切る人の精神構造は理解に苦しむ。 この自首してきた犯人は元市議だから八田与一の歴史的貢献には詳しいはずだろう。幻覚か? 確信犯か?

以前に台湾について以下の記事を書いたことがある

2015/03/14 : 「KANO 1931 海の向こうの甲子園」 を観た

この記事の中で以下のように予測したのだが、それが当たったようである。
<:::知人によれば現在台湾では大陸系の漢人が政治勢力を伸ばしており、好日や親日の印象を与える史跡や、史実を教科書から消去したがる傾向にあるとのことである。上記八田與一の現地の銅像などもいずれ破壊される運命にあるのかもしれない。:::>

付記2:以下の八田与一の首を切られた像の写真は朝日デジタルからです。
 

像八田与一の 

記事には
:::::八田の命日の5月8日には、日台の関係者が毎年記念行事を開いており、今年も予定している。地元の台南市政府は「命日までには修復したい」としている(台北=西本秀)


とある。

 
 
追記:この事件の顛末は以下の通りです
     

日本人技師・八田與一氏の銅像 切断された頭部修復 台湾で除幕式

201758日 東京新聞夕刊

 

 【台南=迫田勝敏】台湾南部・台南市の烏山頭(うさんとう)ダムの建設を指揮した日本人土木技師、八田與一(はったよいち)氏(一八八六~一九四二年)の銅像の頭部が切断された事件で、修復された銅像の除幕式が七日、同ダム湖畔で行われた。式には八田氏の孫ら遺族も参列、台南市の頼清徳市長は「(銅像の破壊という)試練を経て台湾と日本との感情は強くなった」と日台間の深い絆を強調した。

 銅像は四月十六日に頭部が切り取られているのが見つかり、中国との統一や反日を主張する運動家が切断を認めた。台南市は市内の美術館にあった複製を基に銅像を修復した。八日は八田氏の命日で、出身地の金沢市などから二百人以上が慰霊に訪れた。

 除幕式で孫の修一氏(59)=名古屋市瑞穂区=は「事件で日本と台湾の絆が切れることはない。修復された銅像を見て、母と『違和感はないし、少し若返ったかな』と話した」と笑顔で語った。金沢市の山野之義市長も「こんなに早く修復され、金沢と台南、日本と台湾の関係がさらに濃密になった」と喜んだ。

 八田氏は日本の台湾統治時代、水不足に苦しんでいた台湾中南部の水利改善のため、三〇年に当時アジア最大のダムを完成させ、一帯を穀倉地帯に変えた。銅像はこの業績をたたえて翌年に建立された。

 銅像の修復は台湾でも大きく報道された。銅像を管理する嘉南農田水利会は新たに銅像周辺に防犯カメラなどを設置した。

      
    
はtったよいちjpeg 

修復された八田与一の像(ネットからのパクリです)

 


2017-04-08 21:36 | カテゴリ:未分類
浪江町で、木に絡まっているつる性の植物を採取した(図1、図3))。押し葉にするとつぼみの部分に放射能を感じたので、オートラジオグラフをとって見た(図2、図4))。皮肉なことに古代の人物の首飾りのような美しさを感じた。
放射能を測定すると、各部位間であまり差が見られず、つぼみ(花)の部分にも結構放射能が集積していた(表1)。


スライド2 
 
 図1.スイカズラ

 
 
スライド2 
 
図2. 図1のオートラジオグラフ

 
 
スライド3 
 図3.図1の拡大図
 

 
 
 
スライド4 
 
 図4.図3に対応する部位の図2の拡大図
 
 
 
    
 
  
   
   表1.図1のスイカズラの部位別放射能濃度
スライド1 
 
 
 
   
  
 
 (森敏)
   
付記1:牧野植物図鑑には、スイカズラ のことを、
冬を忍(しの)いで凋(しぼ)まず、ゆえに 「忍冬」の漢名あり、とある。
  
付記2:東大の皮膚科の教授であった、作家木下杢太郎は、太平洋戦争終戦直前の昭和20年7月ごろに、このスイカズラを写生しているが、この絵に関しては普段かならず付すコメントがない。
激しい東京空襲下でひたすら写生に気を紛らわしていたのではないかと想像する。
   
 
P1290823.jpg 
(『百花譜百選』 木下杢太郎画・前川誠郎編 岩波文庫より)




2017-04-05 08:30 | カテゴリ:未分類
1.

以下のようにわれわれの放射線像がフランスのル・モンド紙に掲載されました。ル・モンドの電子版にはもっと詳しい画像が載っています。

 
rumonndo.jpg 



写真の説明文は:

日本人フォトグラファー加賀谷は2011年から福島第一原発から半径40キロ以内の飯舘村や浪江町を調査している。2011年3月11日に起きた大災害の後、このゾーンは政府の指示により完全に避難区域となっていた。東京大学の生物学者森敏とともに、オートラジオグラフィーと呼ばれる技術を発展させ、現地調査で集めた汚染された植物、動物、様々な日用品から環境中の”目に見えない”放射性物質を可視化している。オートラジオグラフィーは放射線を発する物質から、光学的なプロセスによってその放射線を白と黒で浮かび上がらせる映像技術である。



2.

また、加賀谷雅道カメラマンは現在イギリスでの ”FORMAT国際写真祭” に参加して「放射線像」の展示を行っています。

写真展は次のような日程になっております。
FORMAT international photo festival
www.formatfestival.com
24 March - 23 April 2017
Derby UK

igirisu.jpg 加賀谷氏の作品展示の様子
2017-02-14 16:27 | カテゴリ:未分類
野鳥の会・法政大学人間環境学部共催のシンポジウム開催予告です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

シンポジウム 福島の生きものは今 ―現在、そして、これからを考える

 

東日本大震災から約6年。巨大地震と大津波に端を発した原発事故に
 
よって、福島の自然及び社会には大きな影響が出ました。
記録映像、現地で調査を行なっている研究者や福島在住の方の報告に
基づき、それぞれの視点から今後について考えるシンポジウム「福島
の生きものは今
現在、そして、これからを考える」を34()
に開催します。
 ---------------------------------------------------------------
日 時:201734() 10:0017:30 (9:30開場)

 会 場:法政大学 市ヶ谷キャンパス 富士見ゲート校舎 G402教室
 
定 員:300
 
参加費:無料
 
申込み:不要
 主 催:(公財)日本野鳥の会・法政大学人間環境学部
 ---------------------------------------------------------------

 
 <
プログラム>
 10
時~

・映画上映
 
「福島の生きものの記録 シリーズ4 ~生命~」岩崎雅典(群像舎)
 
・トークショー
 
岩崎雅典(群像舎)×遠藤孝一(日本野鳥の会)

 

13時~
 
・研究報告
 
「放射線の性質と生物にとっての特徴」
      石田健(東京大学)
 
「野鳥の個体群レベルの保全と放射線 ―ウグイスを例に」
   石田健(東京大学)
 
「ツバメとカラ類への放射性物質の蓄積」
   山本裕(日本野鳥の会)
 
「放射能汚染地域の魚は健康なのだろうか?」鈴木譲(東京大学名誉教授)
 
「福島県の小型哺乳類における放射性セシウム蓄積の実態と生息環境」
 
山田文雄(森林総合研究所)
 
「フクロウの繁殖に与える放射能の影響」
    西海功(国立科学博物館)

 

15時30分~
 
・福島からの現状報告
「失われていく里山、伝統」 稲葉修(南相馬市立博物館)
 
「寸断された地域の絆、つながり」 松村直登(NPO法人 がんばる福島)
 
「失われた自然体験の場を取り戻す」
      弦間一郎((公財)ふくしまフォレ
                                           スト・エコ・ライフ財団)

 

16時30分~
 
・パネルディスカッション 「福島のこれからを考える」
 
<モデレーター> 高田雅之(法政大学)
 
<パネリスト> 石田健、稲葉修、弦間一郎、松村直登、山本裕

 
会場では、放射線像・写真展も開催します。
  [協力:写真家 加賀谷雅道、東京大学名誉教授 森敏]

 
<お問合わせ>
 (
公財)日本野鳥の会自然保護室
           TEL03-5436-2633 E-mailhogo@wbsj.org

 
<シンポジウム情報ページ>

 http://www.wbsj.org/activity/event/symposium-current-fukushima/

 
多くの皆さまのご参加をお待ちしております。

スライド1 
 
 

 
 
スライド2
 

  
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 
 
(森敏)

付記:
会場では我々の撮像した「放射線像」も15枚ばかりごらんいただけます。

FC2 Management