2016-03-10 14:39 | カテゴリ:未分類
新刊紹介です。

nagadoro.jpg
 



長泥住民たちが 

もどれない故郷 ながどろ 飯舘村帰還困難区域の記憶」 

という本を出版した。
 

この本の帯には以下のように本の内容が紹介されています。

 

第一部    「写真で見る長泥」は家のアルバムから剥がされた写真と、事故後現地を取材しつづけている写真家の作品をもとに編集。共に生きてきた地域の歴史が浮かび上がってきます。写真点数は約300点、114頁。

第二部    「聞き書きでたどる長泥」は、住民と密接なコミュニケーションを取り続けてきた大学教員・ジャーナリスト・自治体職員らによって実施された聞き取りなどをもとに編集。事故当時の状況、見えない放射線への恐怖、失われたコミュニテイーへの思いなどが、ナマの言葉で語られています。住民同士の結束力の強さ、ふるさとへの深い愛着などが行間から滲み出てきます。読み応えのある240頁。 



この本に関連して 、以下に昨日(3月9日)の朝日新聞(朝刊)の記事を無断転載しました。
 

帰還困難・・・でも

福島県飯舘村長泥地区の農業、鴫原(しぎはら)良友さん(65)は福島市で避難生活を続ける。長泥は放射線量が高く、村唯一の帰還困難区域。それでも3日に一度は帰って家を掃除している.「温かい思い出は全部、長泥にある」

3年前、長泥の田で米を作ってみた。田植えや稲刈りの作業で汗をかくと、生きがいを感じた。「ああ、いいなあって。昔を思い出したよ」

だが、自分でも長泥の米は食べる気がしない。一緒に暮らす孫を思えば、放射線量の高い故郷に戻るのは難しい。それでも悩む。「若者は切り替えが早いけど、俺はダメ。土地はどうすんだとか考えて、メソメソしちまう」

故郷への思いは、断ち切れそうにない。
   
(森敏)
追記1:この本の編集に係わられた写真家の関根学氏から以下のような書評をご紹介いただきました。

http://www.sankei.com/premium/news/160310/prm1603100007-n1.html

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160311-00000004-asahik-soci #Yahooニュース

追記2:(2016年4月20日 記)
以下読後感です。
1ヶ月後やっとこの本を読み終えた。時々寝るときに読んだら、語り口が方言で、それが忠実に反映されて書かれているので、キビに富んでいて面白いのですが、なかなか読みづらく、睡眠を誘うので先に進みませんでしたが、やっと読み終えました。

山村「長泥」の歴史が非常によくわかりました。調査で土地勘があるので出てくる地名がわかりやすかったです。

津波と原発事故当時の住民たちのカオスの状況が非常によくわかりました。

事故当時現地入りした山下とかタカムラ(タカヤマ)とか、飯舘村の住民が1か月以上の長期滞在を許すことになった「安全宣言」を吹聴して回った教授たちが、今でものうのうと大学に在籍して、社会的に発言をしているのは実に犯罪的で解せません。

写真集を含めて住民にとっては素晴らしい記録本とあらためて思いました。

 

 

秘密

トラックバックURL
→http://moribin.blog114.fc2.com/tb.php/2045-10503c50