2016-02-09 15:28 | カテゴリ:未分類

  小生らは2012年,2013年,2014年、2015年とタケノコを福島の避難区域のあちこちの竹藪で採取してきた。それらの一部は放射性セシウムを詳細に分析し、オートラジオグラフ像もすでに論文にしている (付記1 ご参照)。

スライド2   
 図1.冷蔵庫で保存中に腐ったタケノコ
 
  
 
スライド3 
 図2、タケノコの皮に発生したカビの様相
   
IMG_0038.jpg    

図3.掻きとったカビ

 
     
  
  
  採ってきたタケノコの残りはいずれ調査分析に供するためにと、それらを、冷蔵庫に入れて保管しておいたところ、冷蔵庫保存でもタケノコは呼吸をしており、外側の皮の部分が肉質部(可食部)から浮いた状態になり、1か月もすると、外皮の周りに真っ白な菌糸がはびこるようになった(図1、図2)。肉質もジュクジュクになって来た。そうなると、実験にならないので捨ててしまおうかと思ったのだが、せっかくだからこの旺盛な菌糸の放射能を測ってみようと思い立った。菌糸はピンセットで丁寧にとるときれいにはがれた(図3)。
           

  これらをゲルマニウム半導体で2日かけて放射能分析した(表2)。同時にタケノコの皮も放射能分析した(表1)。
    
                  

1.タケノコの皮の放射能

Cs-134

(ベクレル/kg)

Cs-137

(ベクレル/kg)

114.1

295.7

                    

    

2.タケノコの皮のカビの放射能
                 

 

Cs-134

(ベクレル/kg)

Cs-137

(ベクレル/kg)

927.3

2400


            
   

 1. の「タケノコの皮」の Cs-137と、 表2. の皮に付着する「タケノコのカビ」の Cs-137を比較すると 2400/295.7=8.1 である。つまりタケノコのカビはタケノコの皮の放射性セシウムを約8倍にまで濃縮していることがわかった(つまり移行係数が 8.1)。これは小生の知るところでは、寄生カビが宿主の放射能を高濃度に濃縮したという直接の測定例だと思う。
               
  これまでも寄生菌であるキノコの場合は、寄生している樹の放射能濃度(ベクレル/Kg)と同等かそれよりも高い放射能濃度(ベクレル/Kg)を有するということが常識のようにいわれてきた(つまり、宿主からの移行係数が1以上)。 
             
  キノコはカビの仲間であるが、その中でもとびぬけて姿かたちが大きいので採取して測定するのが容易である。しかし小生らの研究では、野外で採取したキノコ(パラサイト)の宿主(ホスト)が樹皮や落ち葉だと、樹皮や落ち葉は強く外部被爆しているので、この両者を同時にオートラジオグラフを撮ると樹皮や落ち葉が強く放射能汚染されていて、どちらかといえばキノコの方が低く内部被爆しているようにみえていた。
 2013/11/23 : 放射能汚染キノコ2態(くりっくどうぞ)
この場合、宿主のほうが強く外部被爆汚染されているので、純粋な内部被爆量を測定できず、実際の両者の放射能比較(移行係数の算出)ができなかった。だからキノコやほかのカビ類が本当に放射性セシウムをどの程度濃縮するのかが小生の長い間の疑問だったのである。

       

今回偶然だがタケノコで確かにカビがタケノコの放射能を濃縮することが確認された。めでたしめでたしである。
           
  原発事故直後の初動調査ができなくて、今となっては直接の証明が難しくなってしまったのだが、小生は現在では
放射性降下物を一番最初に直ちに体内に取り込んだのは大地表面や、植物体表面のカビやバクテリアや酵母などの微生物であったのではないか
という仮説を抱いている

      
       
(森敏)
      
付記1:われわれのタケノコの論文は以下のとおりです。
   

Hiromi Nakanishia*, Houdo Tanakaa, Kouki Takedaa, Keitaro Tanoia, Atsushi Hirosea, Seiji Nagasakab, Takashi Yamakawaa & Satoshi Moria  Radioactive cesium distribution in bamboo [Phyllostachys reticulata (Rupr) K. Koch] shoots after the TEPCO Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant disaster. Soil Science and Plant Nutrition Volume 60, Issue 6, pages 801-8082014


秘密

トラックバックURL
→http://moribin.blog114.fc2.com/tb.php/2029-87ce3bb2