2015-12-04 23:21 | カテゴリ:未分類

これまで、その画家の背景がよく理解できなかった藤田嗣治に関して、最近立て続けにマスコミで宣伝されているので(電通か博報堂の戦略か?)、のこのこと芸術の秋の鑑賞に出かけた。

  

  最初に見たのは 映画「FOUJITA」小栗康平監督 オダギリ・ジョー主演

であった。この映画は映画製作者のプロが見ると素晴らしいのかもしれないが、小生には何を表現したいのか理解できずさっぱり消化不良だった。藤田嗣治の人物像が分裂して却ってわからなくなった。余計なことかもしれないが、オダギリ・ジョーの笠智衆ばりの“熊本なまり”のイントネーションには何とも違和感を覚えた。

 

  次に見たのは 
東京芸術大学の美術館での 藤田嗣治≪舞踏会の前≫修復完成披露展 と「藤田嗣治資料」公開展示 (開催期間12月1日-6日)
であった。前者は長年倉敷の大原美術館所蔵中に傷んで何回か修復された絵画≪舞踏会の前≫を苦労してさらに近代的な手法で修復する過程が展示されていて、修復の科学的技法が勉強になった。修復した完成品は素晴らしかったが、後に見た東京国立近代美術館での保存が完ぺきと思われる別の裸婦象、例えば≪タピスリーの裸婦≫など息を飲むような迫力と比べると、藤田特有の「乳白色」の再生などでは、すこし見劣りがする感じがした。 また、「藤田嗣治資料」公開展では藤田嗣治の書き残した日記や手紙や写真は大変興味をそそるものがあった。おそらく0.5ミリ以下の太さの細字用のペンで、びっしりと生涯にわたって日記を書きつづけたりメモったりしているところは、藤田嗣治が強烈な整理魔で、画家であるにもかかわらず強靭な「デジタル頭」でもあることをいやがうえにも理解させてくれた。なんと、藤田君代夫人は6000件の日記、手稿、書簡、写真などを藤田の母校である東京芸術大学に寄贈し、大学は文部科学省科学研究費補助金基盤研究B(2012-2015)をもらって、その中身を分類整理しアーカイブ化を試みているのだそうである。今回はその研究成果の一部を開示したものだそうである。

    

  次に訪れたのは

藤田嗣治、全所蔵作品展示 東京国立近代美術館 (開催期間2015/9/19-12/13)
であった。全26点のうち、これまであまり見たことが無い藤田嗣治の戦争画が14点展示されていた。なぜこんな凄惨な戦争画を描き続けたのかという点に関しては、誰もが疑問に思うだろう。芸術至上主義的に考えれば藤田は太平洋戦争を利用して、西欧でも多くの著名な画家が書き残している戦争画の手法を用いて、単に日本国民を戦争に鼓舞するばかりでなく、歴史に残る「戦争画」の描写を練習しまくったといってもいいのかもしれない。これでもかこれでもかというぐらいヘドロチックな白兵戦の描写は、うんざりするぐらい醜悪でしつこい。しかし日本が太平洋戦争で勝利していたら、彼の絵のどれかは歴史的芸術的価値があるものとして評価され続けたのかもしれない。フランス革命のジャンヌダルクや、ナポレオン像を見れば明らかである。今日残されている主な戦争画は勝者の側からの絵画(芸術と呼べるかどうかわからないが)なのである。西南戦争の敗者である西郷隆盛が切腹する絵画は見たことが無い(どこかにあるのかもしれないが)。維新戦争の勝者である板垣退助の会津城落城の図は見たことがあるが。日本の太平洋戦争の敗戦で、戦後日本の絵画協会から藤田は戦争賛美協力の責任を問われて、失意のうちに渡仏(逃亡?)し、再び日本に帰ってこなかった。その後、彼がフランスではレジオンドヌール勲章を授けられているのが皮肉である。

    
(森敏)
付記1:映画「FOUJITA」は70歳以上は1200円、東京芸術大美術館はだれでも無料、東京国立近代美術館は65歳以上は無料、と非常にありがたかった。
付記2: なんと!藤田の父親は森林太郎(鴎外)のつぎに陸軍医務総監を務めており、森鴎外はフジタの渡仏の欲望を抑えて、まず東京美術学校(現・東京芸術大学)での基本的トレーニングをやるべしと推奨したんだそうである。黒田清輝に師事したとか。誰に師事しようとも藤田の恐ろしく繊細優美な筆致は天与のものであろうことは間違いない。


秘密

トラックバックURL
→http://moribin.blog114.fc2.com/tb.php/2017-c802f928