2008-07-29 09:24 | カテゴリ:未分類

o-ganikku.jpg 

     食欲旺盛な(?)ご婦人でいっぱい

     (写真はわざとぼかしてあります)

o-ganikku2.jpg 

   ”オーガニック”の 野菜ばかり

 

オーガニック・レストラン

 

  神保町に△△△△△△△のオーガニック・レストランという

のがある。サラリーマンの昼休みを避けて、午後1時すぎに入

ってみた。バイキング形式(ランチビュッフェ)で税込み12

60円である。入って驚いたことに満員の盛況である。その上、

一組のご夫婦以外はほとんど中年のご婦人客である。女性のサ

ラリーマンはいないみたい。男性は小生を入れて3名。全部で

30席もない。

 

  みなさんじっくりと腰を落ち着けて食べている。メニューは

部野菜(と卵?)。いわゆるヘルシーメニューである。小生

30分以上かけたつもりだが、その間食べ終わって去った人

5人で、またすぐつぎの人が入ってきた。希望者が多くて入

を制限している様子である。中年の男性の太めのサラリーマ

が一人小生の隣にいたが、女性が多いためか、きょろきょろ

ながら、気恥ずかしそうに食べていた。20分ぐらいで食事

終わって、いそいそと出て行った。お皿に取った料理は全部

らげていた。えらい!

 

  小生は厨房の前のカウンターで食べていたので、厨房がよく

えた。それでわかったのは、食品の素材は予め小分けしたビ

ール袋にカットされていて、ここの厨房では、ビュッフェの

物が無くなった、というフロアからの報告を受けると、補充

ためにそれらのビニール袋をつぎつぎと破って調理を開始す

という流れ作業になっている。フロアも厨房も全従業員が女

である。これも女性が安心して入っている理由かもしれない。

 

  先日、小生はこのWINEPブログで『ホテルのバイキングレス

ランと和食レストラン』というテーマで日本料理のビュッフェ

形式の朝食を、ホテルの日本料理店が開発すべきだと提案した。

しかし、実は、巷(ちまた)にはすでに2-3種類のオーガニ

ックを標榜するレストランの全国チェーン店が数年前から出来

ている。ここの例がその一つである。日本料理店というわけで

はないが、野菜を腹一杯食べられる。

 

  このレストランの地下には、オーガニック食品の店があった。

30分かけて興味深く観察した。近年、神保町の周りには高層

のマンションがつぎつぎと建ったので、次第にダイエット指向

の常連のご婦人客がこれらのレストランや売店に定着しつつあ

るのかもしれない。

 

  但し、オーガニックと言っても陳列されているものは必ずし

完全な認証を受けた有機野菜ばかりではない(むしろ、そう

う商品はごく少数であった)。衆知のように(付記を参照く

さい)、現在、政府による ≪有機農法≫ の定義が厳しい

で、全国ネットを張っても、その定義に見合った有機野菜を

産者から恒常的に供給をうけるのは至難の業である。したが

て 一般名の“オーガニック”という横文字を使って、そこ

所をうまく回避しているのかもしれない。詳しく問いつめら

れば、我が社の <オーガニック> は <有機農法産物> 

とイコールではありませんと言うつもりかな。

 

  しかしとにかく、このオーガニック・レストランは野菜のオ

パレードで、たらふく食べさせているのが気に入った。

 

(森敏)

付記:有機農産物の定義は以下のとおりである。(Wikipediaからの

引用である)

                                                                                                                        

  「化学的に合成された肥料及び農薬を避けることを基本として、

播種または植付け前2年以上(多年生作物にあっては、最初の収穫

3年前)の間、堆肥等による土づくりを行ったほ場において生産

された農産物」

この、1992年のガイドラインは法的拘束力を持たなかったため、

2000日本農林規格 (JAS) が改正され、農産物について有機農

産物またはそれに類似した表示をするためには、農林水産省の登録

を受けた第三者機関(登録認証機関)の認証による有機JASの格付

け審査に合格することが必要となった。

これにより、有機農産物、また有機農産物を加工して作られた食品

の名称(有機○○、オーガニック○○)の表示は「農林物資の規格

化及び品質表示の適正化に関する法律JAS法)」の適用を受け、

認証先を記した「有機JASマーク」の表示が必要となり、違反した

場合には罰則を受けることになった(下線は筆者による)。

 

 

 

 

 

 

秘密

トラックバックURL
→http://moribin.blog114.fc2.com/tb.php/201-bc063aab