2015-10-07 23:10 | カテゴリ:未分類

今回の大村智先生のノーベル賞受賞のインパクトは、生物界における土の「微生物」の存在の重要さを、人々に再確認させたことだと思う。学校教育での中でも病原菌の事は取り扱われているが、地球上の生物界には「動物」「植物」「微生物」があることをきちんと教えているところは皆無だろう。小生が農芸化学科に進学して、当時の1年半に渡る学生実験で一番印象的であったのは『微生物実験』であった。坂口謹一郎先生や有馬啓先生によって編集されたといわれる実験書はいまでも実用書として使える。無菌操作、各種の菌の分類と分離同定法、菌の培養法、カップ法による放線菌のペニシリンの力価(りきか)の測定法など3か月を掛けた微生物実験はたなかなか充実していた。

 ------------------
以下大村語録です。

ヒトのマネをするとその人をこえることは絶対あり得ない」(科学新聞10月6日号)
 

「自分の能力が人より劣っているとは思わなかったです。普通東大を出れば、大学院に行って5年も経てばドクターを取る。私は5年もかかってマスター(さらに5年後に薬学博士、7年後に理学博士)。この遅れを取り戻そうという気持ちはいまだにありますよ。::::::33歳で北里大薬学部の助教授に。だが、一段落すると研究が手につかない日が続いた。『負けない、負けない』の一心で、ちょっとおかしくなっちゃったんだよな。眠れない、目まいがする。そうしたら家内がわたしを精神科へ連れて行った。おいしゃさんが『これは仕事のしすぎです。パチンコかゴルフ、どちらかをやりなさい』と。それでゴルフを始めました。(週刊文春10月22日号)



私は微生物がやってくれた仕事を整理しただけです」 (2015.10.5.記者会見)

   

「微生物と付き合っていくと、まだまだいろんなことがわかる。微生物は人類に様々な良いことを提供してくれると思う。」(読売新聞2015.10.6.)

 

:::::::

微生物探しに何かコツがありますか。

「無いね。そんなのあったらもっと見つけてるよ。ただね、10カ所で土を取ってくるとする。求めていない人はその辺で適当に土を取ってくる。やる気がある人は、ちょっとでも環境の違いそうな場所から集めてくる。その違い。」:::::(世界救う発見「求めなければ授からない」 (大村さんノーベル医学生理学賞 一年前本紙に語った理念 東京新聞2015.10.7.)

 

農家の長男出身と問われて

農業は科学者がするものです。温度を測ったり、お天気を調べたり。。。だから

(有用物質探索のために)土を採取する私の研究は農業の延長線上のものです。」

(NHK「クローズアップ現代」2015.10.7.)

 

信条はと問われて

幸運は強い意志を好む」(英語でどういったのか早口で聞き取れなかった)

NHK「クローズアップ現代」2015.10.7.

 

「成功した人は失敗をなかなか言わないが、人よりヘマをしていると思う。やりたいことをやりなさい」(2015.10.8.記者会見)

 

やっぱりチャレンジ精神ですね。「これをやってみたいな」と思ったら、失敗を恐れないこと。私なんか、はるかに失敗したことの方が多い。失敗は論文には書けない。成功しか書けないです。でも失敗が重なって成功が現れるのです。恐れてはだめです。(読売新聞利根川氏との電話対談 読売新聞 2015.10.6.)

 

小さなことでもよいので、人のためになることは素晴らしいことだと学んでほしいと思います。なんでもよいので、人のためになることが自分の幸せだと思ってもらいたいですね。(読売新聞利根川氏との電話対談 読売新聞 2015.10.6.)

 

「本業は科学だが、滅入った時には絵があった。私の中では、美術と科学は補完し合っていた」(毎日新聞2015.10.6.)


「大村先生は「科学も芸術も感性の世界だ」と言っていました」 富士吉田市吉田の画家 桜井孝美さんの伝。桜井さんの絵を10枚買い上げて病院に飾っている(読売新聞山梨版)とか。。
 
山梨科学アカデミーを創立支援している意図について
「たとえてみれば、山梨県からビル・ゲイツが一人でればいいんですよ
        NHKローズアップ現代 2015.10.9.


(野依・大村の2人が対面するのは)受賞決定後初めてで、野依さんが「先生は多くの人を感染症から救い、人類に幅広く貢献した。医学生理学賞を超えて平和賞がふさわしい」とたたえると、大村さんはアフリカでほぼ全員が熱帯病に感染している村を訪問した話を紹介。「平和賞ものだと思った」と冗談交じりに当時の感動を打ち明けた。(201510.10.共同)
   

――――――――――――――――――――――

ついでに、

 

 かたえくぼ

「ノーベル医学生理学賞」

土遊び させます

-教育ママ

(福岡・ぶらジッジ。朝日新聞2015.10.7.)

 

何気なく 踏んでた土に 触れてみる

千葉県 白井幸男 (朝日新聞2015.10.7.)

 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
(森敏)
 
付記1:今年2015年は今後100年に一回と回ってこない国連が決めた「国際土壌年」である。増大する人口や科学技術の発展が土壌に過剰なストレスを与え続けており、土壌が持つ緩衝能をはなはだしく劣化させている。近未来の食糧・健康・環境の崩壊(カタストロフィー)が危惧されているからこの「国際土壌年」がわざわざ国連で定められたのである。大村智先生のノーベル賞受賞は、微生物学や天然物化学からすればきわめてオーソドックスな手法の成果であるが、改めて、土壌が有用微生物の宝庫であるこということを大衆ばかりでなく、われわれ農学者にとっても再認識させる機会となった。上掲の川柳 「なに気なく 踏んでた土に 触れてみる」 は大村智先生の精神を凝縮して表現したものだと思う、と同時に「国際土壌年」のキャッチフレーズにしてもいいくらいの名文句であると思う。
   
付記2:東大の肥料学研究室(現在は植物栄養・肥料学研究室)出身の大先輩である太田道雄先生は山梨大学教授の時に山梨大学付属小学校の校長も務めておられた。先生は土壌学と肥料学の権威であられたが、小学校の朝礼では、一握りの土を高く掲げて 「皆さん、この一グラムの土の中にいったいどれくらいの微生物が生きていると思いますか?」 という設問を生徒達に投げかけて、フレミングがペニシリンをワックスマンがストレプトマイシンを土の微生物から分離し結核を退治したことなどを話し、子供たちに土は生きているという事を身近に感じてもらっていたということであった。今回、大村智先生が山梨大学出身と知って、直ちにこの太田先生直伝の話を思い出した。太田先生は大村先生が得意とするスキーのベテランでもあった。山梨大学学芸学部生時代や後の助手時代の大村氏と太田道雄教授の接点があったかどうかは知らないが。
 ちなみに太田道夫先生は山梨大学教授時代に、山梨県の富士見土壌の水田で「水稲の珪酸欠乏症」を世界に先がけて発見し、「珪酸肥料」を開発し、日本の水稲の収量水準を大幅に向上させた偉大なる人物です。現在では珪酸肥料の施用は世界の水稲栽培では必須です。このことは以前にも述べたことがあります。桂化木からの断想 (どうぞクリックしてください)
 
追記1:以下に農芸化学会から大村智先生関連論文のネットアドレスが送られてきた。大村先生は農芸化学会の名誉会員です。これらにアクセスすると多少専門的になりますが、大村先生グループの多角的・体系的研究展開の内容がよくわかります。
(2015.10.10. 記)

日本農芸化学会誌 71巻 530頁~534頁(1997)
抗HIV活性を有するgp 120-CD 4結合阻害剤
田中晴雄、松崎桂一、大村智
https://www.jstage.jst.go.jp/article/nogeikagaku1924/71/5/71_5_530/_article/-char/ja/
 
化学と生物 8巻 139頁~150頁(1970)
微生物の生産する大環ラクトン化合物? マクロライド (Macrolide)
大村智
https://www.jstage.jst.go.jp/article/kagakutoseibutsu1962/8/3/8_3_139/_article/-char/ja/
 
化学と生物 12巻 787頁~794頁(1974)
抗生物質セルレニンの脂質代謝阻害作用
大村智、栗谷寿一
https://www.jstage.jst.go.jp/article/kagakutoseibutsu1962/12/11/12_11_787/_article/-char/ja/
 
化学と生物 15巻 309頁~315頁(1977)
マクロライド抗生物質の生合成 (1)
大村智、竹嶋秀雄
https://www.jstage.jst.go.jp/article/kagakutoseibutsu1962/15/5/15_5_309/_article/-char/ja/
 
化学と生物 15巻 381頁~386頁(1977)
マクロライド抗生物質の生合成 (2)
大村智、竹嶋秀雄
https://www.jstage.jst.go.jp/article/kagakutoseibutsu1962/15/6/15_6_381/_article/-char/ja/
 
化学と生物 15巻 447頁~453頁(1977)
マクロライド抗生物質の生合成 (3)
大村智、竹嶋秀雄
https://www.jstage.jst.go.jp/article/kagakutoseibutsu1962/15/7/15_7_447/_article/-char/ja/
 
化学と生物 23巻 379頁~385頁(1985)
抗ウイルス抗生物質スクリーニングの展望
岩井譲、志水秀樹、大村智
https://www.jstage.jst.go.jp/article/kagakutoseibutsu1962/23/6/23_6_379/_article/-char/ja/
 
化学と生物 32巻 463頁~469頁(1994)
微生物の生産するインドロカルバゾールアルカロイドスタウロスポリンを中心に
岩井譲、李卓栄、大村智
https://www.jstage.jst.go.jp/article/kagakutoseibutsu1962/32/7/32_7_463/_article/-char/ja/
 
化学と生物 34巻 761頁~771頁(1996)
微生物2次代謝産物生合成の機能的改変による有用物質の生産
池田治生、大村智
https://www.jstage.jst.go.jp/article/kagakutoseibutsu1962/34/11/34_11_761/_article/-char/ja/
 
化学と生物 40巻 694頁~700頁(2002)
放線菌
池田治生、大村智
https://www.jstage.jst.go.jp/article/kagakutoseibutsu1962/40/10/40_10_694/_article/-char/ja/
 
化学と生物 44巻 391頁~398頁(2006)
放線菌ゲノム解析を応用した有用物質生産系の構築
池田治生、大村智
https://www.jstage.jst.go.jp/article/kagakutoseibutsu1962/44/6/44_6_391/_article/-char/ja/
 

追記2:老人には、エバーメクチン、イベルメクチン、メクチザン、オンコセルカ症などと専門用語を覚えるのが大変だ。
 
追記3:どこかの川柳選考会で
  
おれよりも役に立ってる微生物
というのが選ばれていた。シャイな微生物が表舞台に出てきたのは非常によかったと思う。これからは教科書でも、大村先生をきっかけにした題材で、微生物の項目を入れてもらいたいものだ。(2016年2月21日記)

 

 

秘密

トラックバックURL
→http://moribin.blog114.fc2.com/tb.php/2000-1555b424