2015-07-07 10:26 | カテゴリ:未分類

最近、学術の動向(2015年6月号)に特集号として

内山真・日本大学精神医学系主任教授が

厚生労働省による

 健康づくりのための睡眠指針2014 ~睡眠12カ条~

というのを紹介している。

 

第1条    よい睡眠で、からだもこころも健康に。

第2条    適度な運動、しっかり朝食、ねむりとめざめのメリハリを。

第3条    良い睡眠は、生活習慣病予防につながります。

第4条    睡眠による休養感は、こころの健康に重要です。

第5条    年齢や季節に応じて、昼間の眠気で困らない程度の睡眠を。

第6条    良い睡眠のためには、環境づくりも重要です。

第7条    若年世代は世更かし避けて、体内時計のリズムを保つ。

第8条    勤労世代の疲労回復・能率アップに、毎日十分な睡眠を。

第9条    熟年世代は朝晩メリハリ、ひるまに適度な運動で良い睡眠。

第10条 眠くなってから寝床に入り起きる時刻は遅らせない。

第11条 いつもと違う睡眠には、要注意。

第12条 眠れない、その苦しみを抱えずに、専門家に相談を。


 
      小生は年のせいか、最近とみに睡眠のリズムが狂ってきた。若いときから睡眠が浅く、今でも一日合計8時間は寝なければ気持ちがわるい。最近は入眠に時間がかかるので、入眠剤「マイスリー」の助けを借りて、すとんと入眠することにしているが、それでも夜中に2回は起きる。11時半に寝て3時半と5時頃に起きて、食事をして、7時から8時半までまた仮眠をする。そうしないと、昼の2時頃に強烈な睡魔に襲われる。
  

   これまでも睡眠には諸説があり、個人的体験もさまざまなので、誰の睡眠学説もあまり信用できないのではないかと漠然と思っていたのだが、どうやら上記の内山先生の箇条書きには、きちんとした学問的な裏付け(医学的エビデンス)があるとのことである。小生としては、第5条と第9条を合わせて一本とした睡眠に関する指導理念としたい。つまり「眠くなってから寝床に入り、起きる時刻は遅らせない。昼間ねむたくなったら短い仮眠を取る」

   

小生が睡眠に関して一番恐れるのは、学会での講演発表などの、緊張覚醒していなければならない時間帯に、眠気に襲われることである。前夜が少しでも睡眠不足だといくら頑張っても講演では言語が明晰さを欠き、頭が多岐にわたって相関的に働かなくなる。そうなると質疑応答であらゆる角度から相手を言い含めたり反論したり出来なくなる。

   

睡眠に関してはいつも強く疑問に思っていることがある。それはいくら眠くても昼真は少しの仮眠(せいぜい20分)で、なぜ頭がすっきりするのかである。仮眠でなぜ頭の雑音(ノイズ)がシャッフル(棄却)されて、整序化される(つまりデフラグ)のかである。これは本当に不思議である。脳科学者はこれまで誰もその生化学的メカニズムを説明してくれていないのではないだろうか? 小生が知らないだけなのだろうか?

    

地球の自転に合わせた昼夜の「睡眠と覚醒のバイオリズム」は、げに玄妙な生物進化の産物だと思わざるを得ない。さまざまな精神病者の体験談を読むと、「不眠症」が原因か結果か判然としないのだが、ほとんどが「頭の働きが昼夜逆転していて、社会生活リズムに自分を適応矯正できない」という状況に陥っているようである。現代文明の産物はことごとくこの「バイオリズム」を異常に狂わせるような方向に発展(?)してきているので、いずれ世界人類は発狂するのではないだろうか、と思わざるを得ない。

     

だから、私見では、科学技術の発展も、<<その技術や製品が人の「睡眠と覚醒のバイオリズム」に生活を合わせるように矯正していくことに貢献できるものであるかどうか>> と言う観点からの「評価基準」が必要になってきているように思う。世界の若者(ばかりでなく誰もが!)が時間を忘れて夢中になっているコンピューターゲームソフトなどは最悪の文明の産物だと思う。マニアックな誹謗と中傷が支配するインターネット情報社会、ウイルスとアンチウイルスがやり合う留まるところを知らない闘いは、人類の精神の荒廃と崩壊過程を示しているように思う。

      

現代社会の危機の多くは<睡眠と覚醒のリズムが狂っている>ところから来るのではないだろうか。どこかの国の社会学者がそういう「睡眠と覚醒」という公理系で現代社会を切って見せてくれないだろうか。
  
     
(森敏)
追記1:上記で紹介したように、日本学術会議が出版している「学術の動向」6月号
高齢化社会の食と医療ー心身の健康のためにー
という特集を組んでいる。別に学術会議に「よいしょ」するわけではないが、小生にとってこれほど学問の成果が身近に感じられた記事は近年ではあまり例がない。以下のタイトルの簡潔な4頁ごとの記事が掲載されている。余計な出しゃばりな物言いに聞こえるかも知れないが、これらは全高齢者が必読の記事ではないかと思う。

超高齢社会と地域医療ー医療変革と社会変革ー  寶金清博
生活習慣と健康 ー疫学研究からー 玉腰暁子
健康づくりのための催眠指針2014 内山真
がんの予防はどこまで可能なのか 浅香正博
認知症の早期発見と予防 下濱俊

追記2:以下のようにスマホ依存症は激増し、若者の神経を蝕んでいる.一方で情報産業はとてつもない収益を計上している。 このことは以前にも述べたが、実に皮肉なパラドックスである。大学人を含めて誰も本気でこの流れを変えようともしない。
 
スマホ依存度高い高校生、心身不調の割合3倍に

20150714 1529分(読売新聞)

スマートフォンを頻繁に利用する高校生の間で、スマホに対する依存度が高いと、心身の不調を感じる割合が約3倍になることが、埼玉県立春日部高校の村井伸子養護教諭の調査で分かった。

村井教諭は、2013年、県内の高校生約600人を対象に、携帯電話の使用目的や時間のほか、心身の自覚症状など約70項目を4段階の程度に分けて回答してもらい、数値化した。

 その結果、高校生の9割がスマホを持っており、1日3時間以上使用する生徒が6割いた。無料通話アプリ「LINE」は4人に3人がほぼ毎日使っていたほか、ツイッターは6割が閲覧していた。

 心身の不調では、「眠い」「目が疲れる」「昼間でも横になりたい」「イライラする」などの項目で数値が高かった。

 


 

秘密

トラックバックURL
→http://moribin.blog114.fc2.com/tb.php/1969-5bd5be0e