2015-05-13 06:57 | カテゴリ:未分類
プレゼンテーション1------ 
生後まもなく死んだポニーの子をやるせない顔で運ぶ細川徳栄さん
       
   
以下は
2015 年5 月12 日 飯舘村/福島再生支援東海ネットワーク 事務局
からの転載です。
 
細川牧場で子馬が逝きました。計33 頭目です。
死亡の第一報は5 月12 日の午前10 時頃、細川さんより。
まだ詳しいことは不明。
つい先日生まれたばかりのミニチュアホースのこどもです。
これから獣医に来てもらって死亡診断書を作成してもらうとのことでした。
これで2013 年始め頃より、馬29 頭、羊4 頭、計33 頭が連続死したことになりま
すが、依然としてこの異常な連続死に向き合ってくれる科学者は極めて僅かです。
もちろん行政も見て見ぬふりはこれまで通り。
いのちというものを、或は自然や生態系というものを、このクニ(ないし世界)を支配
する連中がどう思っているのか、とてもよくわかる構図だと思います。
何があろうと、我々はめげずに現実と対峙していきましょう。
 
 合掌
秘密

トラックバックURL
→http://moribin.blog114.fc2.com/tb.php/1955-2d51d305