2015-04-08 08:12 | カテゴリ:未分類

ある飯館村民から、東京及び全国の人々へのメッセージ

                            201545

 

東電福島原発事故周辺地への「帰還」なるものが政府によって進められようとしている。

事故直後の安全宣言で2ヵ月半も高濃度被曝をさせられてしまった飯舘村は、その最たる被害地である。

その飯舘村にも「来年春帰村」という方針が出された。

 

ご存知のように村内は未だに毎時210マイクロシーベルトであり、計測器の針が振り切れるホットスポットが随所にある。仮に低い数値をとっても毎時2マイクロなら、年間被曝量は11ミリシーベルト(10時間屋外、14時間屋内として)に達する。しかもこれは外部被曝だけであり、吸入等による内部被曝は含まれていない。

 

加えて村民は当初最大毎時120マイクロシーベルト(315日)の高線量下に避難しないままに曝されており、これを2ヵ月半で試算すれば約151ミリシーベルトの外部被曝となり、これに著しい内部被曝が加わることになる。
 

なぜ著しいかと言えば、当時の文科省調査で飯舘村の雑草からセシウム合計265万ベクレル/kg、ヨウ素256万ベクレル/kgが検出されており、水道水からもヨウ素約1,120ベクレル/kgが計測され、にも拘らず「庭の野菜も水もどんどん飲食して大丈夫」という「学者」による公式宣伝がされていたからである。そしてその後、飯館村民には「希望者にはホールボディーカウンター検査」が云われても、未だに血液や尿検査はまったく行われていないのだ。

  

とにかく原発を再び動かしたい、輸出もしたい、そのために事故の被害はなかったことにしたい。その意図は実に鮮明であり、住民のいのち、生物のいのち、子々孫々への影響などはまったく忖度しようとしていないのだ。この構図の中では、明らかな加害者である東電の責任は問われない、いや問うてはならないのである。
 

被害を消し去る。その動きはますます顕著となっていく。その一つが、年20ミリ〜100ミリシーベルトなら安全という公的宣伝活動だ。だから20ミリで帰還となる。だがこれは政府による放射線防護法(年1ミリシーベルト以下に規制)への公然たる違反であることを忘れてはならない。政府自らが国法を破り、自らアウトローとなったという事態であることも忘れてはならない。このクニはそこまで来ている、これが偽らざる現実なのだ。

  

以下、或る飯館村民からのメッセージである。

 

何故、そうしたいのか。(註:早期帰村や線量規制違反などのこと)

 

多くの人々が「金だけ」「今だけ」「自分だけ」で生きているうちに、早くこのことを終わりにしたいのですね。
 

何故私たちは20114月「危険で住めない地域」と国から指定されたのですか?何故こんなふうに故郷を追い出され、家族や地域の方々とも離され、自由に話すことも、知人の住所もわからないままで暮らしているのですか?
 

真実と平和とそして安心・安全な暮らしを返せ!健康を返せ!村に生きてきた動植物の命を返せ!

 

何故東京電力と政府はこのことの責任を取らないのか!

《嘘》、《隠す》、《ごまかし》をやめて下さい。

あなた方と私たちは同じ人間です。

私たちが何か悪いことをしましたか?

私たちはただ、東京に電気を送り、あなた方が金儲けできるよう土地を売っただけではありませんか。

東京都民の皆さん、全国の皆さん、これまで私たちはそちらに電気を送り続けてきました。

でも、こんな危ないこと、取り返しのつかないことは、もう終わりにしましょう。

 

原発はもうやめましょう。

そして私たちがこれから人として生きていけるために、ぜひ私たちを支援して頂きたいのです。どなたでも、できることで結構です。飯舘村から、心からお願い申し上げます。

  
      
(以上は飯舘村/福島再生支援東海ネットワーク 事務局中部支援ネットワークから転送されてきた飯館村佐藤八郎議員からのメッセージです) 

 

 

 

                              

秘密

トラックバックURL
→http://moribin.blog114.fc2.com/tb.php/1940-6e8fb7ad