2015-02-27 08:28 | カテゴリ:未分類

little forest という映画を見てきた。

 

実はこの映画が舞台になっている「小森」という集落のOさんの奥さんから、「自分たち土地のひとたちも大勢登場しているのでぜひ見てください」という手紙をいただいたからだ。これまで奥さんご本人から手紙なんぞ一度もいただいたことが無かったので、よほどの熱意が伝わってきた。怠惰な小生は普段は映画館には足を運ぶ熱意がないのだが、今回は銀座の東劇に午前中から出かけた。朝10時から午後2時までの上映であった。
 

岩手県の「小森」という地区は実際は奥州市(かつての胆沢郡?)衣川区大森という実在の山村で、我が家はこの集落の有機農家集団から小生が大学の助手のころから30年以上にわたってずっともち米を玄米でいただいている。Oさん夫妻には小生が若い時はいろいろ冷害調査や有機農業の調査のお世話になった。ここの集落との交流が始まったのは、確か1970年代の宇井純先生の「自主講座」に京都大学出身のS君と北海道大学出身のY君が参加しており、かれらがこの大森集落の借家に家族で住み付いて有機農法をやっていたことによると記憶している(だいぶぼけてきたのでそこら辺の記憶が定かではないのだが)。当時小生は有機農業の研究をやっていたので毎年訪れていたのである。1970年代のことである。この大森の集落は大森分校の小学校の先生をしていた三好京三の小説『子育てごっこ』でも有名である。
 

 このlittle forestという映画は女優の橋本愛が主演で、春・夏・秋・冬で各7品目合計で28品目の、なかなかモダーンな料理のレシピを実演で紹介しているものである。その食材としてこの土地で採れる農産物や山菜を中心に構成されている。実際に橋本愛が農作物を栽培し、イワナを養殖し、これらを収穫し、貯蔵し、山菜などを採取して、調理して、料理して、おいしそうに食べてみせるのである。(毎回農作業をする時の作業服が長靴以外は汚れていないのには苦笑した)

 

この映画を見ながら、むかし女子栄養大学の女子学生たち5人ばかりを連れて行ってこのOさんのお宅に雑魚寝(ざこね)して宿泊したことを思い出した。女子栄養大学は、店頭から購入した食品素材の「調理実習」や「食品栄養学」の授業はきちんとやるのだが、その食品素材がどこでどのように育てられているかの教育がきちんとなされていなかったので、友人の教授から子供たちを実地検分に連れて行ってくれないか、と頼まれたのである。この女子学生たちもその後、家庭を持って食材に気を使って橋本愛ちゃんのようにおいしい料理に腕を振るってきたことだろう。職業としての管理栄養士としても定年を迎えている年頃だと思う。
 
 

映画の最後には200人以上の撮影協力者の名前が延々とつづき謝辞が述べられていた。Oさん御夫婦の名前も確認できた。画面では、しばらく会っていないので奥さんの顔は確認できなかったが、旦那さんの顔はしかと確認できた。それにしても京大と北大から入植していった彼らは今どうしているのだろう。この「一ノ関」近辺には大学の教え子も果樹園を営んでいるはずであるし。そろそろ巡礼の旅に出かけたくなった。

  

映画のフィナーレは「旧・大森分校」の「現・村の集会場」での郷土の<神楽(かぐら)の舞>であった。ひたすら集中して何者かに憑かれたように踊りまくる烏帽子(えぼし)姿の橋本愛の踊りがなかなか迫力があった。観ていてすこし目がうるうるしてきた。最近BSの特集番組で観た高倉健主演の日中合作「単騎千里を走る」のフィナーレが、関羽の仮面をかぶった中国の役者が刑務所の舞台で数本の旗を背中に立てて剣を振り回しながら乱舞する名場面を思い出した。
 
  この映画は夏・秋編と冬・春編の2部に分かれている。途中休憩が15分ある合計で4時間の長丁場だが、変わりゆく大森の四季の空・山・川・草木・ケモノの風景の変化を思い出しながらまったく飽きなかった。普通の日本の山間の農村風景ではあるのだが。

 
  500名の劇場は100名ばかりの観客で埋まっていた。徐々に口ずてに広まる評判の映画ではないだろうか。
 
  映画館のすぐ近くに岩手の物産店があった。店の人はこの映画のことを知らなかった。店内にlittle forestのポスターでも貼っていれば 「お互いにいい宣伝になるのになー」 と余計なことを考えてしまった。
  

 
(森敏)

秘密

トラックバックURL
→http://moribin.blog114.fc2.com/tb.php/1929-e2c52316