2014-08-28 12:22 | カテゴリ:未分類

2014 8 26
飯舘村/福島再生支援東海ネットワーク事務局からの報告の一部(サユリの死の部分のみ)を以下に転載します。

 

 

2014 8 2324 日の飯館支援活動
「サユリ」の死と、植物異常と想像を遥かに越える「初期被曝」の実態と

M.レクオーナ(キューバ)作曲のラテンの名曲『タブー』。もともとは許されざる恋や共同体の戒律を意味する概念だが、大家E.レクオーナの姪であるマルガリータは、ロマン、冒険、エキゾチシズムをこの曲に織り込んだ。こちらでは不本意にもストリップティーズの伴奏、例の「全員集合」の出し物でも有名。
 
この曲に乗り、メスの白馬、「サユリ」は細川徳栄さんに仕込まれた芸を披露し、観客を驚かせていた。おそらくこのコンビでしかできなかったパフォーマンスであり、それだけ細川さんの彼女への愛情や愛着も深かったと思う。
 
8
25 日、そのサユリが死んだ。病状は他の馬と同じ。前後脚筋肉の激しい痙攣と歩行不能化、食べられなくなることでの死である。23
24 日、細川さんが我々の面前で必死に起き上がらせよう、食べさせようとするが、その甲斐なく、翌25 日逝ってしまった。彼女の苦しさを見ていた我々は、不謹慎にもそこからの解放を願ってしまい、救えない己の非力を呪うしかなかったのだ。
 
これで昨年からの連続死は、馬27 頭に羊4 頭、計31 頭である。
 
一カ所での連続死だから、普通ならパンデミック想定で大騒ぎになる筈が、保健所も行政も原因追求は殆どせず、報道機関も一部を除いて取り上げようとはしない。
 
飯館から帰った25 日、細川牧場から岐阜に貰われていったポニーの「太陽」にも筋肉痙攣発生の一報が入る。細川さんの努力で今年に入って羊の死はあったが、馬の死は回避されていた。 
 
それがここへ来て避難している馬も含め、2 頭に症状が出てきてしまったことになる。
 
事故後の31 頭連続死であり、放射能による何らかのインパクト、と思われるのだが、原因の特定はできていない。筋肉異常・肝機能異常・高脂血の診断は出ているが、放射能との具体的因果関係が不明。有力と思われるのは、筋肉へのセシウムによる直接打撃、最近では顕著な銅(必須ミネラルとしてのCu)不足?という見方も出てきている。
 
また、事故直後の高濃度初期被曝(試算では細川牧場のある地区での2011 3 15 日のCs137ピーク線量は約63 マイクロシーベルト/時、降下濃度は約80 万ベクレル/㎡、12 核種空中浮遊濃度約2 4,000 ベクレル/
、雨水放射能密度ヨウ素・セシウム計約33 8,000 ベクレル/kg、同雑草約385 8,000 ベクレル/kg となる。これらを外部被曝+内部被曝として計算すると、15 日以後の1 週間ほどで想像を遥かに越える数値となる。ちなみに年間外部被曝量では約62 ミリシーベルトである)の影響が極めて大きいと考えられる。なお、これら数値は現在検証中。
     
下の写真は死亡2日前の「サユリ」。筋肉痙攣・歩行不能・摂食不能で立っておられず、 腹部を吊りベルトで辛うじて保持されている。尻尾も縄でしばって吊り上げられ腰部が保持されている。細川馬の死
 
下の写真は死んだサユリと寄り添う仔馬と嘆きの細川さん

DSCF1989----.jpg

秘密

トラックバックURL
→http://moribin.blog114.fc2.com/tb.php/1895-97abe75c