2014-06-18 07:17 | カテゴリ:未分類

         窓を開けて寝ていたのだが、6時半ごろ、カモメの猫のような鳴きで目が覚めた。数十羽が30分ばかりマンション群の上空を舞って西の彼方に飛んで行ったのだがまた戻ってきて東に飛んでいってビルの下に消えた。不忍池に下りたらしい。最近は不忍池をカモメが制圧する時があるようだ。あまりなじんだ風景ではない。雁と違ってカモメは結構獰猛な目つきをしている。

 

カモメが鳴いているときはカラスがおとなしいのだが、カモメの集団が去るとカーカーと大声で鳴き始めた。これは結構かまびすしい。生ゴミの出しかたが徹底して来たためか、最近はカラスが激減してきた、しかし、上野の山と東大と根津神社などの緑がある限り生息数がゼロにはならないようだ。
 

  などとボーと寝ぼけ眼で空を見ながら考えた。


 

(森敏)
秘密

トラックバックURL
→http://moribin.blog114.fc2.com/tb.php/1881-c20fc9ff