2014-04-07 22:01 | カテゴリ:未分類

      東京では人々は少し無神経になっているようだが、コケ類や土はまだまだ放射能を蓄積したままである。
 
DSC01090--.jpg

 

      試みに文京区の鐙坂(あぶみざか)というところの御影石の石垣の石組の間に生えているコケとそのコケが生えている土砂をこそぎとって測定してみた。(2013年8月23日サンプリング、2013年12月13日ゲルマニウム半導体測定)

  

    第一表に実測値で示すように、去年の年末の時点で土砂は13000ベクレル以上あり、コケは8000ベクレル以上あることがわかる。


  

第一表
 Cs-134 (Bq/kg)Cs-137 (Bq/kg)総放射性Cs(Bq/kg)
 
コケ223559428176
コケ下の土砂3635950113136
採取場所:文京区鐙坂(あぶみざか)
 

 

(森敏)
秘密

トラックバックURL
→http://moribin.blog114.fc2.com/tb.php/1853-ff69648b