2014-03-28 09:22 | カテゴリ:未分類
平成26年3月1日初版で以下の本が実にタイムリーに発行された。
東京農業大学と相馬市の連携による農業復興への挑戦記録である。
多角的な成功の試みは注目に値する。 東京農大の創設者である横井時敬先生の理念である「学理は実践の中においてのみ有意義である」という実学精神を大学全体でまさに体現しつつある実態を読み解くことができる。小生が下手に内容を解説するよりは、日本の全大学人の必読本だと思う。


この本は
ぎょうせい 発行
定価 3500円+税

ということです。



DSC00009--.jpg 



(森敏)
秘密

トラックバックURL
→http://moribin.blog114.fc2.com/tb.php/1848-10136e49