2014-01-24 10:32 | カテゴリ:未分類

共産党や社民党が支持すると、どうしてこんなに候補者「宇都宮」自身がかたくなになるのだろうか? だから政党が前面に出てくると心理的拘束がかかってダメなんだ。宇都宮は脱原発が本気ならば候補を途中で降りて「細川」と連携して支援に回ったら? 細川都知事が誕生すれば、細川は「原発ゼロ」行政に専心し、宇都宮は副知事として得意の民生に従事すればいいではないか。本気で脱原発をやる気があるのならば小党勢力は名を捨てて実を取るべきではないか。誰でもそう思うだろう。宇都宮が知事選に勝つことはあり得ないだろうに。細川・小泉は本気で国を憂えて無心で『殿・殿ご乱心』なんだから「舛添」に勝つ可能性がないとは言えない。当選の暁には全野党が“細川神輿(みこし)”を担げばよい。そうなればいかにも今年の東京は「楽しい年」になりそうではないか。政治は明るく楽しくなくちゃ.。どんちゃん!

 

(喜憂)


秘密

トラックバックURL
→http://moribin.blog114.fc2.com/tb.php/1820-434a0c32