2008-07-14 11:45 | カテゴリ:未分類

taiko.jpg

jyoseitaiko.jpg


女性による和太鼓の演奏

 

   ホームページにも書いたが、石川県立大学・大山莞爾教授の学士院賞受賞記念パーテイーに参加した。その時の余興では、女性による和太鼓の合奏があった。

 

   最近のいろんなイベントで、和太鼓が出てくる場面が多いのだが、ホテルの広間での男性による和太鼓の合奏は、全くいただけない。うるさくて話が全く出来ない。そこで学会の懇親会などの場合は和太鼓の轟音を避けて、わざわざ廊下に出て話をすることになる。和太鼓は雄大な自然を背景に思い切り叩くものだろうに。室内なんかで思い切り叩くなといいたい。

 

   というわけで、女性の和太鼓の演奏が始まったが、これが意外に、見ていて動作がすがすがしく、一番前のテーブルにいながら音が全然気にならなかった。不思議なものである。3名の演奏者の息が会って彼女たち自身が非常に楽しそうであった。

 

   自分でも理解できないちょっと複雑な心境であった。

小生は会場の後ろから写真も撮ったが、参加者のみなさん全員が大変興味深そうに鑑賞していた。

 

(森敏)

 

秘密

トラックバックURL
→http://moribin.blog114.fc2.com/tb.php/182-e70025c5