2014-01-21 20:23 | カテゴリ:未分類

自民党石破幹事長が沖縄名護市の市長選挙で、普天間基地移転代替地である辺野古の埋立に対する反対派の稲嶺氏が自民党推薦の末松氏を破って当選したとたんに、選挙前に公言していた、名護市振興策500億円の支援(アメ)をただちに撤回した。今後は埋め立て基地は作るが、懲罰的に「名護市を支援しない」ということだ(ムチ)。それどころか本日は「辺野古埋立の調査・設計」を防衛局がただちに入札公告した。完全に国家がいうことを聞かない名護市をブルドーザーで握りつぶすという構図だ。やることなすことが露骨だ。敗戦後ずっと沖縄で繰り返されてきたパターンだ。 第二の三里塚闘争が始まる予感がする。
「だから大和んちゅーは嫌いです」と、また沖縄の友人の厳しい糾弾の顔が思い浮かぶ。


(管窺)

秘密

トラックバックURL
→http://moribin.blog114.fc2.com/tb.php/1817-f9f52a10