2014-09-20 10:33 | カテゴリ:未分類
しばらく前の朝日新聞で巨大イチゴが紙面をにぎわせていた事はすでに紹介した(図1)
  
   その他、「巨大イチゴ」というキーワードで出てくるホームページでは、図2、図3、図4などの写真が掲載されている。
   
     
これらの写真は小生たちが一昨年から観察している 上記の奇形タンポポと全く同じ現象だと思われる。 (図5、図6、図7)
   
  この巨大イチゴはよく見ると茎が帯化(fasciation) しており、数本の茎が合体していることがわかる(図1)。 そのせいか、実(可食部)も数個のイチゴが合体し扁平に並んだものになっているのである。これは奇形タンポポの坊主(図7)とそっくりであることがわかる。
   
  詳細は知らないが篤農家か育種家がこの変異イチゴの株のランナーを増やしていったものと思う。
    
  現在これらの巨大イチゴが商品として出回っていることから、イチゴの帯化(fasciation)した遺伝子は固定することがわかる。種子で次世代に遺伝しているのかは小生には不明であるが。このような変異株を農業上育種に有効に使う術は意図的に昔から行われていたのである。 
    
  この変異は成長点の細胞分裂異常なので、おそらく内生ホルモン異常によるものと思われるが、その真のきっかけ(外因)は主として宇宙線や、近年では農薬によるものもあるかもしれない。 タンポポについてはもちろんわれわれは東電福島第一原発由来の放射能を疑っている。この実態調査の結果は先の日本土壌肥料学会(於東京農工大)で報告した。

 


巨大いちご--
 
図1.右上の茎が分厚く帯のように見える。(朝日新聞からの転載)

ふたごいちご-- 
図2.シャム双生児の イチゴ(ホームページ「巨大イチゴ集」からの転載) 。双頭のタンポポは東京でも0.1%ぐらいの確率で散見される。



 
DSC03335--.jpg 
図3. スーパーで買った苺
 
DSC03344--.jpg 
図4.図3のトレーの一つを手のひらに載せてみた



DSC01383--.jpg
図5.一株から4本の帯化タンポポが抽苔している。谷中の墓地にて。

  DSC01136--.jpg   
図6.太い茎(帯化)と複数の花が合体した花房。谷中の墓地にて。
 
きけいたんぽぽのぼうずあたま-- 
図7.奇形タンポポの綿毛が飛んだあとの坊主頭

(森敏)





秘密

トラックバックURL
→http://moribin.blog114.fc2.com/tb.php/1815-64c730f5