WINEPブログ内で「 森敏 」を含む記事

(5件づつ表示されます)

2018-02-07 08:16 | カテゴリ:未分類

  「双葉町」を示す道路境界線の石柱に複雑にツタが絡んでいた。手ではぎ取ろうとしてもぎっしりと張り付いていて一気には離れないので、一部をはさみで切り取った(図1、図2)。
 
  これを大学に持ち帰って放射能をガイガーカウンターで測定すると400cpm以上の異常に高い値をしめした。放射能を測ると、毎時 数万ベクレル/kg乾物重 あった(表1)。オートラジオグラフに撮ると(図3、図4)ツタの節位から出ている複数の根も茎と同様に強く汚染していた(図5、図 6、表1)。
 
   ここの土壌の表層の放射線は毎時30-40マイクロシーベルトもある。このツタは石柱からばかりでなく基本的には土壌中の主根からセシウムを吸収しているものと思われる。 
      
石柱に絡むツタjpeg 
図1. 道路わきの双葉町という石柱に絡むツタ


  
   
スライド1 
 
図2.はさみで、地上部の石柱に絡んでいる一部を切り取ったもの。
 


 
スライド2 

図3.図2のオートラジオグラフ。

  
  
 
 
スライド3 

図4.図3のネガテイブ画像  各所に気根が張り出して、これがコンクリートの石柱に激しく食い込んでいるので、丁寧にはがすのに苦労した。 
 
 

 
スライド2 
 
図5. 図1の一部の気根の拡大写真.この根がぎっちりと石柱に張り付いている。 

 
 
 
 
スライド1 

図6.図5に対応する気根の部分の放射線像の拡大図
 
 
     
 
 
 
 表1.石柱に絡むツタの放射能値
 
スライド1 

       
(森敏)
追記1.この石柱は花崗岩でできているので、雲母の含量が豊富で、原発からの放射性セシウムは6年半たった時点では、ほぼ100%がこの雲母に固着しているはずである。石柱を引き抜いて、石柱の表面汚染をオートラジオグラフで撮れば可視的にも汚染の程度がわかるはずなのだが、道路境界標識に対するそんな行為は許されないだろうから断念した。
 線量計でなくて「ガイガーカウンターで直接石柱を測ればいいだろう」という意見が出そうだが、空間線量が高い現地では、放射性セシウムがガンマ線と同時に発するベータ線の空間バックグラウンドが高いので、現地ではガイガーカウンターは表面汚染の測定には全く役に立たない。このことは意外に研究者仲間にも知られていないようだ。

2018-02-03 08:01 | カテゴリ:未分類

以下のビデオを見てください。約20分の毎日新聞による藤井聡太君へのインタビューです。

https://mainichi.jp/movie/video/?id=121617199#cxrecs_s

 

藤井聡太君の、インタビュー応答は、その都度以下のどれかの出だしで始まります。

 

あ、そうですね

あー、そうですね

んー、そうですね

ま、そうですね

そうですねえ

あー、はい、そうですねえ

んー、まあそうですね

あ、まあ、そうですね
   
  これって、結構羽生名人のインタビューにそっくりですね。
    
  「そうですね」といって、時間稼ぎしているときに、脳がフル回転しているようです。本人は無意識に発語しているようですが。小生には結構聞き苦しい。まだ若いのに本当に気の毒だよ。
     
  現代の各方面の名士たるものは、マイクやカメラを向けられてのインタビューに対して、動じないように幼少のころから鍛えておかないといけないかのごとくだ。インタビューの受け方がうまいからと言って本職の実力とは全く関係がない。しかし、現今ではとにかく名士はテレビに顔をさらす必要があるようだ。囲碁や将棋などのゲームは基本的に形式論理学だから、使っているのは言語脳だと思われるので、藤井君は成長するにつれてきっとインタビューがうまくなると思う。
           
  一方、スポーツマンなどは演技そのものの成果で評価してもらえればいいのであって、相撲の力士のインタビューなどは朴訥(ぼくとつ)なほど好ましいと思う。言語脳と体育脳は全く別だろうと思うからである。
      
  「見ての通りです」の一言でいいのではないか。
         
  また、話が少し横道にそれるが、一方で、ノーベル賞学者の山中伸弥さんが、部下のデータ改ざんで、対応に追われて、何回もテレビの前で釈明させられている。自分の月給を削るとか、つまらぬことに神経を使わされて、気の毒で見てられない。今後も続々とデータ改ざん者が出てきて、そのうちテレビでの釈明のエキスパートになるのかもしれないですね。悲劇だ。iP細胞研究所長などやめて、さっさと元の研究者に戻ったほうが、人生ハッピーじゃないか。過去に部下のフェイク論文のせいで、馬鹿らしくなって有名な研究所長を辞めた人は外国にいますよ。得意でもない所長職に祭り上げられて、そのガバナンスで疲れ切って、日本国に殉ずる必要はないと思うよ。戦前の「滅私奉公」の時代ではないんだから。
    
  「人は、無能化するステージまで、出世させられる」は、小生の持論でもあります。
  
                      
(森敏)

2018-01-27 05:44 | カテゴリ:未分類

    ねむの木は木本で、原発事故以降、もうずいぶん日がたっているので、あまり放射能はないのではないかとばかり思っていた。スギやヒノキも、樹皮はともかくとして葉では放射能が確実に減衰してきているからである。
     
  昨年秋に双葉町で、何気なく採取してきたねむの木の葉が、放射能を測ると、意外に高かったのには、また驚いた(図1,図2,図3.表1)。
    
  道端を除染していない双葉町では、すべての街路樹が根から吸収した放射性セシウムによる内部被ばくで、セシウムが生態系の中で循環し始めている。いわんや全く手つかずの森林においておや。


  
   

ねむの木jpeg 
 
図1.ねむの木の小枝。葉が散りかけている。 
 
 
 
nemunoki_JPG_1024px.jpg 
図2. 図1のオートラジオグラフ。実に均一に放射能汚染している。外部被ばくはゼロである。
  
  
 
 

 

 nemunoki_rv_JPG_1024px.jpg
 
 
 図3.図2のネガテイブ画像
 
    
  
  
 
 
 表1.ねむの木の放射能
 
スライド1
 
   
  
  
 
(森敏)
 


 
 
 
2018-01-24 07:14 | カテゴリ:未分類

         西部 邁氏の多摩川への入水死で、生物学で言う「プログラム死」という言葉を思い浮かべた。詳細が明らかではないけれども、相当考えに考えた末の死に方なのだろうと思う。水泳ができる小生にはこんな死に方はできない。

  

      氏の死にはいろいろの方面の方が、感想を述べておられる。いずれも彼の死の側面をとらえているだろうが、彼のいつもの持って回った議論の仕方の特徴から推測するに「俺の死はそんなんじゃないぞ」と言う反論が必ず返って来そうな気もする。

 

    禅坊主を含めて、どんな高邁な思想家でも、肉体的な劣化が精神的な無気力につながることは、絶対に避けられない。西部氏は遅かれ早かれ来る、己の終末期の醜悪な姿を、人前にさらしたくなかったのだろう。論客としての武士の矜持なのだろう。

   

      家族にとってはとてもつらいことだと思うが、評論家の故・江藤淳氏の自刃の場合のように、ぜひ遺書を公開してもらいたいものだ。

         

      <潔い死> に冥福を祈りたい。

       

(森敏)

付記1:西部さんは、1960年安保闘争の真っ最中に小生が駒場の教養学部に入学したときの自治会の委員長であった。彼は自分の演説に酔って涙を流しながらの「センチメンタル・アジテーション」で有名であった。うぶな小生もアジられて、4月28日(ヨン・ニッ・パー と呼んでいた)の日に、駒場だけで1000人以上の規模でスクラムを組んで、駒場→渋谷→三宅坂→国会チャペルセンター前デモに出かけて、そこで、さらに唐牛健太郎全学連委員長のアジテーションにあおられて、ずらりと横並びに道路を封鎖した機動隊の装甲車を怖いもの知らずに、乗り越えた。国会内に突入して、待ち構えていた機動隊にポカスカやられて、靴が脱げて 時計が無くなり、シャツを破かれて、這う這うの体で中央線で三鷹寮に帰ったものだ。当時の駒場には教養課程2学年で総勢4000名以上の学生や、ほかに大学院生や教官がいたはずだから、ご存命のかたなら、西部さんのその後の思想の変遷に対する好悪は様々であっても、今日に至るまで、当時の彼の残像は強烈であっただろうと思う。
 
追記1:ネット上での報道では、以下の事が記述されている。極めて合理主義といおうか。。。なかなかまねできない実行力ですね。

 

     
:::::::

近著「保守の真髄」でも「生の周囲への貢献がそれへの迷惑を下回ること確実となるなら、死すべき時期がやってきたということ」と記述。家族によれば、遺書にも迷惑をかけたくない旨が記されていたという。:::::::
 
追記2:やはり西部さんは水泳ができなかったようだ。しかし当時の駒場教養学部の時代は学生には「体育」の科目が必修で、夏には25メートル野外プールで水泳の検定がおこなわれたはずだ。泳げるまで泳げるようにようにさせられたはずだが、彼はなんとかかんとかしてそれをさぼったのだろう。小生は水泳部に入ったのだが、大阪湾で我流で学んできた平泳ぎではいくら頑張っても競泳では勝てないと悟り、また、水泳部の「卑猥さ」に辟易して、3か月で退部してしまった。とかなんとか回想するのもなんだか懐かしいですね。
 
追記3:昨日発刊された月刊誌「文芸春秋」での対談記事(保坂正康x浜崎洋介)では、
西部さんの入水自裁について、家族にはここらあたりの場所で死ぬとか、娘さんに自裁の同意を得ていたとか、実際には水死体が発見されやすいように体に縄をつけていたとか、の間接情報が語られている。どこまでが真実かわかりませんが。(2018年2月13日 記)
 

2018-01-23 06:38 | カテゴリ:未分類

作家の 浅田次郎の短編随筆に「ドリーム・メーカー」(小学館文庫「パリわずらい 江戸わずらい」所収)というのがある。摩訶不思議なことが書いてあり、深く感じ入ったので、以下にそれを飛ばし飛ばし紹介すると、
  

    

人間甲羅を経ると他人がまねできぬ得意技を身につけるものである。::::実にくだらん、と思われるであろうが、まあ聞いてくれ。 夢を自在にみるのである。:::::長じて小説を書くようになってからは、夢に見たままをストーリーにすることしばしばである。こうなると夢といえどものっぴきならぬので、今も枕元に筆記用具が置いてある。::::::そうした具合に長らく夢と付き合っているうち、近頃では、この別世界を相当に支配できるようになった。

まず寝入りばなに、「本日のテーマ」を考える。ありありと思い描く。たとえば、

「四面楚歌の居城にて軍議中の戦国武将、浅田次郎左衛門

「フィレンツエの街角のカフェで妙齢の美女と恋を囁く、アーサー・ダ・ジローネ

「丸い色眼鏡と長パオ(衣編に包む)、上海フランス租界の夜の顔役、浅大人(チェンターレン)。その正体は日本の特殊工作員」

などなど、なるたけリアルに想像していると、そのまま夢の扉が開かれるのである。初期設定は私の意志だが、いったん眠ってしまえば、それからの展開はどうなるかわからない。しかし、加齢とともに一貫したストーリー性が強固になっていることは確かで、未熟な夢にはつきものの場面の急展開や、登場人物の入れ替わりはほとんどなくなった。つまり、夢というよりは疑似体験である:::::::::::::::::::::::::::::

かくして私は、はたから見ればまことにどうでもよいことなのだが、夢を自由自在に楽しめるようになった。

::::::::::::

 
ということである。浅田次郎氏よりも高齢である小生の抱く [夢の中] では、まだまだ場面や人物がコロコロ入れ替わってハチャメチャな未熟な段階(下意識と思われる脳内空間がn次元的に無茶苦茶に交錯している)なのだが、浅田次郎氏は夢を制御できているようだ。無意識に脳を鍛えてきたプロの作家ではこれが普通の下意識の状態なのだろうか。実に摩訶不思議な能力だと思う。それで飯のタネにしているのだからプロの夢見師と呼ぶべきかもしれない。
   
  精神科の医師はこんなことができるのだろうか? 「可能だ」というなら、ぜひその奥義を聞いてみたい気がする。年のせいか、とみに最近小生は「夢と現(うつつ)」の境界に大いに興味があるので。。。。。
        
(森敏) 
付記1. と思っていたら、つい最近、芥川賞作家であり、現在選考委員でもある、川上弘美さんの 『蛇を踏む』『消える』『惜夜記(あたらよき)』 なる短編集を読んだ。これは全く「生(なま)の形での下意識の露出」である。実は夏目漱石をはじめとして「夢」という異次元空間を商売のネタにしている作家はむかしからわんさといるんだ。夢を文章化するときには現(うつつ)に目覚めているはずだから、多少の創作があるのだろうが、川上さんのは読みすすむうちにちょっと嫌気がさしてきた。

付記2.一方で、川上弘美さんの『晴れたり曇ったり』(講談社文庫)は素晴らしい随筆集だと思った。お茶大理学部での多分、団・ジーン教授の下でのウニの研究をやらされて、おそらく自分には研究が合わないといやになって、その後作家の道を模索する。しかし、この随筆を読むと、基本的に「お料理 」の詳細な記述などは彼女は実にリケジョ的だ。最近のものには、離婚したり膵臓の腫瘍(自己免疫疾患らしい)についても、素直に記載されており、作家は身を削る仕事であることを感じさせる。先日多摩川に入水自殺した西部 邁氏も200冊も本を書いたということだが、評論家も身を削る仕事であり、最終章は自分と妻のことの開示であったようだ。物書きとは辛い職業ですね。


      
(森敏)

FC2 Management