2008-07-12 10:31 | カテゴリ:未分類

hoterupaneru.jpg

また、ホテルでの失態

 

ホテルの部屋に入ったら照明が暗かったので、あちこちの電灯を点けまくった。枕元にもダイアルスイッチがあったので、2つとも回してみた。どこの電灯も反応しないので、ひょっとしてラジオのダイアルが壊れたのかもしれないと思った。

 

風呂に入って、体が暖かいので、そのままベッドに入った。この部屋には温度調節器がないので、全館コンスタントな温度で換気を行っているのだと思った。

 

明け方、嫌に部屋が寒くなってきたので目が覚めた。あてがいブチのシーツと掛け布団(といっても毛布をカバーに入れているもの)だけではどうにも我慢がならない。枕元の電気を点けてどうした物かと考えた。

 

と、枕元電灯の下のパネルの時計が6時頃を示している、そのパネルをよく見ると。左のダイアルスイッチ(写真)には air condition cool---warm,  off - Low - Medium - High:多分換気の風速)とあるではないか。それが、一番 cool に設定され、換気が Low  に設定されていた。 すなわち就寝以来徐々に室温が低下していき我慢できないぐらい冷えてきたわけである。

 

いったい誰がこんな設定したのだ! と思ったが、すぐに自分が室内電灯の点灯のスイッチと間違えてこのダイアルスイッチをいじくったままであったことに気が付いた。風邪を引くところであった。ダイアルをいそいで warm に切り替えた。そして仕方なく、朝風呂をあびてもう一度寝ることにした。

 

かくのごとく、ぼけ老人の一人旅では、なにが起こるかわからない。

 

(森敏)

 

 

秘密

トラックバックURL
→http://moribin.blog114.fc2.com/tb.php/180-0e950703