FC2ブログ
2018-11-21 22:14 | カテゴリ:未分類

 

      金足農業高校の吉田輝星投手が150Km/hを投げてハム球団に入団した。150km/hの球速があればまずプロ野球業界では使えるようだ。しかし高校野球のピッチャーで活躍した人物は、おおむねプロでの実績を残せていない。リトルリーグ時代から、さらに地方選から甲子園出場までの高校野球で単独で連戦連投して、潜在的に筋肉に疲労が蓄積し、肩や肘を痛めてしまうからであるようだ。

 

      ところで、いろいろなスポーツの中で、背丈の高低内でストライクまでの球速を競う競技は、野球ぐらいではないだろうか。遠くをめがけて重い物を投げるという、砲丸投げ、槍投げ、円盤投げ、などの技法でも、直球では遠くには飛ばせない。直球に使う肩の筋肉、腰の筋肉、手のひらや指の筋肉の使い方は、ほかの投げる動作とは大いに異なると思われる。

 

      その意味では、野球の投手は地球上の生物の中でも、極めて特殊な部位の筋肉を進化させるべくその先端を走っているということなのかもしれない。どんな遺伝子でも100万人にひとりは突然変異株があると我々生物学者は考えるものなので、連投で肘の故障のトミー・ジョン手術: Tommy John Surgery, 側副靱帯再建術)を受けなくても、プロ野球で一定以上の業績を上げる投手は、その代表的な変異株といえるだろう。

 

      オリンピックでのいろいろな競技でも、残念ながら人の世界新記録は、大体いずれかの野生動物の能力には、はるかに劣るものが多い。それぞれの生き物は必死にニッチ(niche:生態的地位)を求めて、数億年をかけて身体的に特殊な進化を遂げて適応してきた種が生き残っているからである。

 

      人類が狩猟生活をするときでも、モノを遠くに投げる筋肉の発達は必要であっただろうが、

ほぼ地面と平行に18.44m(ピッチャーとキャッチャーの距離)を素手で直球を投げるという技術は、さほど必要としなかたのではないか。その前に飛び道具としての弓矢の発達があっただろうから。

  
  

 

(森敏)
2018-11-12 06:26 | カテゴリ:未分類

  以下の2か月前の記事のように、時々北朝鮮政府は外国の重要人物にマッタケを贈ります。たしか、小泉純一郎首相訪朝の時もマッタケが何トンか送られましたよね。何故だと思いますか? 
 
  それは北朝鮮にはマッタケしか高価な贈答食品がないからです。

  韓国も北朝鮮も壮絶な朝鮮戦争で無数の爆弾が投下されて山がはげ山になりました。戦後北朝鮮では人民に暖房や飯炊きの熱源がないために、さらに焼け残った山林を伐採しました。そのために山に有機物がなくなり、照葉樹林などの豊かな腐葉土を形成する樹種がなかなか育たなく、貧栄養でも育つ「松」のみのモノカルチャーになりました。
 
  松の樹の根系には
菌根菌がまつわり寄生していて、朝鮮半島の屋台骨を形成している貧栄養の花崗岩の山には希少なリン酸をその菌根菌の菌糸が吸収濃縮して松が成長しているからです。ですから韓国の山でその松の木に寄生するマッタケ栽培が盛んなところは、実に一見風光明媚です。その山は厳格に国によって管理されていて、入山して木を切ろうものなら即「死刑!」だと聞かされました。
 
  経済力がないために治山治水が十分ではなく毎年のごとく山崩れや洪水が発生しています。もちろん餓死も。日本でも山崩れは最近の異常気象で頻繁になりましたが、北朝鮮では普段から起こっていることらしくあちこちに露出した山肌が散見されました。砂防ダム建設など治山治水の経済力がないからだと現地の技術者が嘆いておりました。
 

  我々日本人は太平洋上で発生した台風がその進路で日本をよけて、朝鮮半島や中国に向かったら、胸をなでおろします。が、朝鮮半島でどのような被害が発生しているかほとんどマスコミが伝えませんので、日本国民の興味の対象外です。ましてや北朝鮮の悲惨な映像は、世界に発信されません。
   

――――――――――――――

北朝鮮キム委員長 韓国に2トンのまつたけ贈る

16:41

韓国大統領府は、ムン・ジェイン(文在寅)大統領の北朝鮮訪問に合わせて、キム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長から、およそ2トンのまつたけが贈られ、20日午前、韓国に到着したと発表しました。

このまつたけは、来週の「チュソク」と呼ばれる旧暦のお盆までに、朝鮮戦争などで南北で離れ離れとなった離散家族のうち、高齢の4000人に500グラムずつ配られることになっています。

まつたけには、「北の山河の香りが感じられるまつたけが、肉親を思う離散家族の皆さんにとって少しでも慰めとなってほしい」とのムン大統領のメッセージが添えられるということです。

北朝鮮は、2000年にキム・デジュン(金大中)大統領、2007年にノ・ムヒョン(盧武鉉)大統領が訪朝した際にも、韓国側にまつたけを贈っています。


 
(森敏)
追記:今月号の文芸春秋には、11ページにわたって1953年板門店での休戦協定時に通訳として参加した、ジョージ・フラー氏による南北朝鮮半島の、コダ・クローム(ASA10)フイルムに撮影された鮮明な写真が、山本晧一氏によって掲載されている。この写真をつぶさに見ると、南北朝鮮を問わず、終戦直後の朝鮮半島の花崗岩の山並みの木、がことごとく地肌を見せてぱらぱらであることがわかる。薪炭用の過酷な伐採や猛烈な空襲による山林火災の故であろう。
 私的記憶では、終戦後の芦屋市の裏山の六甲山(全山花崗岩!)も、こんな状態であった。

 


2018-08-17 11:47 | カテゴリ:未分類

朝、食事時にテレビをつけると、「社長の昼メシ」という中井貴一の巧みな躍動的な解説の番組があったのでついつい見入ってしまった。時間の長短はあったが多くの企業の社長達が紹介されていた。番組は1時間ばかり続いたと思う。

 

  社長職は激務で、コンピューター画面を見ながら食事をしている社長もいた。社員食堂で従業員と一緒に食べる社長もいたが、人間関係がわずらわしいからか、おおむね、一人で食事をしているようだ。番組のためにわざわざ社員が動員されて社長と一緒に食事をさせられていると思われる場面は、ちょっと社員が気の毒で見ていられなかったが。。。 昼食をがっつり食べる社長からソバ一皿しか食べない社長までいろいろだった。

 

  その紹介された社長の中に、google earth の創始者(名前を忘れた)という壮年の人物がいた。アメリカ本社での取材だったかな? 彼は社員食堂で食事をするのだが、主食をとらず、お皿が野菜とハムのサラダみたいな成分で構成されていて「それではおなかがすきませんか?」という一緒に食事をしているテレビのデイレクターの質問に対して、「僕は朝食をしっかり食べてきているので、大丈夫だ。昼食を食べすぎると、眠気が来て頭が働かなくなるからね」というようなことを言っていた(全く同感ですね!彼もすこし低血圧ではなかろうか?)。彼は、時々座禅をするという、畳の部屋を社長室の隣に持っていて、10分間ぐらい一人静かに瞑想するんだそうな。その実技の場面も紹介されていた。哲学的なんだね。雑念をキャンセルして発想を浮かび上がらせる仕掛けなんだね。明らかに日本の禅の文化の影響を受けていると思われた。

     

  それを見ていて思い出したのだが、最近の google earth は非常に使い勝手がよく、見ていて楽しいものがある。金も旅行する体力もないが暇だけはたっぷりある離職者層には、この google earth で世界中をちょっと旅行した気分にもなれるはずだ。

 

  小生にとって、直近の google earth の効用は、福島の「帰還難区域」を、人工衛星からの分解能の高い平面写真ばかりでなく、幹線道路だけだが、車で走らせた street view 映像を提供してくれていることである。この夏は体調不良と、暑くて熱中症を恐れて、小生は現地に出かけていない。そこで google earth で 「福島県双葉町」 と入れると、まだ常磐線が開通していない 双葉駅前 の風景が出てきた。そこで、そこからろいろ画像をクリックしていくと、street view でほとんどの双葉町内の風景の現況が見られた。google earthの担当者も、双葉町役場の許可を得て、車を街中に入れられるようになったからだろう。これは素晴らしいことだ。
 
  現在の帰還困難区域の植生がどのようになっているのかが、小生の最大の関心事なので、見飽きることがない。これだと何時間でも車に乗って調査をしている気分になれる。小さな住宅地の中までの道路には車が全然入ってはくれないのが難点だが、それでも良しとしよう。

    

  google earthが、どれくらいの年月の頻度で画像を更改しているのかさだかではないのだが、現場に頻繁には帰れない、はるか県外の遠隔地に住む帰還困難区域からの避難住民にとっては、これらの画面はかなりの望郷の念をそそる風景なのではないかと思う(気が付いた人は当然見ているだろう)。こういう心理面での大きな社会貢献もあるということを、google earth の社長が知ってか知らずか。。。 新技術の意外な側面ですね。せめて帰還困難区域だけでも、日本のgoogle earthの担当者は頻繁に画像を更改していただきたいものです。これは大きな大きな社会貢献です。

 

  Google earthの社長殿には、いつも腹3分目ぐらいの軽い昼飯をしていただいて、瞑想室で、充分に瞑想し、雑念を去り、さらにさらに新しい有意義なソフトを発想していただきたいものです。

  
    
  以上「社長のヒルメシ」からの戯言でした。
 
 
 
(森敏)
 
追記:
読者からの指摘で、双葉町の street view は 2013年7月 のもので 2018年 と書かれているのは著作権の主張日 ではないかということです。確かにそのことは気になっていたのですが。。。。 
     
 残念ながら、現在の避難住民のために google earthがそこまで気をきかして、あえて双葉町に入る許可をとって、street view 写真を提供しようというところまで google earth がきめの細かい政治的配慮 をしてくれるわけではないのかもしれません。

それでも現存する画像は当時の2013年の状況が知られる貴重な映像かと思います。
 
しかし、やはり現在の双葉町の映像をぜひ見せていただきたいものです。双葉町役場も撮影を快く許可していただきたいものです。


2018-08-12 05:27 | カテゴリ:未分類

来る8月29日から31日まで、日本大学生物資源科学部(神奈川県藤沢市亀井野1866)キャンパスで開催される日本土壌肥料学会の講演のタイトルが、最新の学会誌(日本土壌肥料学雑誌)に掲載されました。以下はその中から放射性セシウムに関する研究のみをピックアップしたものです。
    
  提示されているタイトルをよくよくみると「放射性セシウムの動態」に関して、実に地道で骨の折れる研究が、多角的に展開されていることがわかります。
    
  周知のように2011年の原発暴発以来、すでにこの土壌・植物栄養・肥料学分野ばかりでなく、他の多様な学問分野の研究者たちからも、多方面にわたる斬新な研究成果が得られてきています。 
    
  7年半経過した現在でも帰還できない住民にとって、現状は実に腹立たしい悔しいしいことです。いっぽうでは、この広域にわたる愚かな人間が作りだした放射能汚染帰還困難区域は、真摯な研究者に対して、「壮大な実験圃場」を提供しているともいえるでしょう。研究者達は、執拗に、粘り強く、現地での、あるいは現地の材料を用いた実証的研究を通して、放射能汚染の実態を明らかにし、世の中に継続的に問い続けることが必要です。
      
  「福島ってまだ放射能があるの?」というのが残念ながら関西以西の大部分の日本人の感覚のようです。著しい「こころの風化」です。
             
  放射能汚染現地の森林などは驚くほど静寂で一見美しい風景です。初めて訪れると誰もが「それでこの場所のどこが危険なの?」と思うでしょう。未だ現地に足を踏み入れたことがない方は、この夏休み、一度訪れてみてください。各所の通行禁止の道路がつぎつぎと解除されてきていますので、時々車を止めて、音の鳴る放射線線量計を持って放射能を感知してみてください。くれぐれも熱中症に気を付けて。

 
     
 
以下演題です

ーーーーーーーー
  
〇 セシウム吸着シートを用いた作物の放射性セシウム吸収危険度判定手法の検討―シートのセシウム吸着特性について―
吉川省子・・杉山恵
    
〇 放射性セシウムの実効的な固液分配計数の変動要因
江口定夫・・・・・・・・・・・・波多野隆介

〇福島県の森林における雨水、土壌水、渓流水中の放射性セシウム濃度の経年変化

小林正広・・大貫靖浩

〇三つの異なる森林小流域における安定セシウム循環の比較  

伊藤優子・・今矢明宏

〇土壌から樹体への放射性セシウム移行吸収―ヒノキ苗植栽後3年間の動態

平井敬三・・・新家武

〇施肥による133Cs K2Oの可吸化と可溶化               

杉山恵

〇プラスチックシンチレータを利用したリアルタイムRIイメージングシステムによる植物中の元素動態解析              

菅原康平・・・・・田野井啓太朗

〇イネのセシウム吸収におけるカリウムとの拮抗作用の品種間差 

谷本涼・・・近藤始彦

〇植物体内の元素動態を可視化する新たなオーオラジオグラフィー技術の開発

粟田圭輔・・・酒井卓郎

〇水稲のOsHAK1以外の主要K輸送体のセシウム吸収・輸送への関わり

頼泰樹・・・・・・・・・服部浩之

〇福島県山木屋地区除染後農耕地土壌における肥沃度回復(第1報)~除染による肥沃度低下の現地報告~                   

菊池優汰・・斎藤葉瑠佳

〇福島県山木屋地区除染後農耕地土壌における肥沃度回復(第2報)~土壌炭素蓄積、窒素循環および土壌養分に対する緑肥の影響~       

斎藤葉瑠佳・・菊池優汰

〇福島県内の農地における放射性物質に関する研究(第44報) 低カリウム条件下における飼料用コメ品種・系統のCs-137移行のリスク評価   

斎藤隆・・・・・横山正

〇大豆体内における放射性セシウムとカリウムの動態     

本島彩香・・信濃卓郎

〇セシウム吸着シートを用いた畑地土壌の溶存態放射性セシウム量評価と作物吸収量判定―現地大豆圃場における溶存態放射性セシウム量評価について 

井倉将人・・・平山孝

〇被曝現場に放置された日常品の放射能汚染を立体像で可視化する

森敏・加賀谷雅道・・・・中西啓仁

〇福島県農耕地土壌を対象にしたセシウム固定ポテンシャル評価法の確立

金野優也・・・・・・加藤拓

〇土壌中の交換性放射性セシウム濃度の経時的変化と非交換性カリ含量との関係

久保堅司・・信濃卓郎

〇コンテナ内ポット試験による灌漑水中放射性セシウムのイネへの影響評価

鈴木啓真・・・・・・・・原田直樹

〇原発事故影響地域での営農促進に向けた玄米の放射性セシウム濃度評価手法の検討

藤村恵人・・・・・・信濃卓郎

〇放射性トレーサーを用いた栽培実験による土壌―牧草間放射性セシウムの移行を支配する土壌要因の解析                      

武田晃・・・・久松俊一

〇放射性セシウム集積特性の異なるイネ系統における土壌溶液カチオン濃度と植物体放射性Cs濃度の関係

小島克洋・・・・・・・・横山正

〇表土剥ぎ客土した除染後圃場におけるカリ増施による大豆の放射性セシウムの移行動態(3) 大豆生育過程の大豆地上部への放射性セシウム、カリウムの移行動態

関口哲生・・・島田信二

〇福島県相馬市における復興水田および大豆畑の追跡調査 

吉田拓史・・・・後藤逸男

〇カラム試験による福島県大柿ダム低質からの137Cs溶出 

塚田祥文・久保田富次郎

〇福島県の森林土壌における交換態放射性セシウムの割合とその経年変動

眞中卓也・・・・・金指努

〇福島県の農地における放射性物質に関する研究(第45報)-水稲におけるセシウム吸収シートを用いた土壌中可給態放射性セシウムの評価 

矢ケ崎泰海・・・・佐藤睦人

〇土壌中セシウム133および137の吸収を指標とした作物別吸収特性の評価

古川真・・二瓶直登

〇土壌から水稲への放射性セシウム移行を土壌溶液のセシウムとカリウムの濃度から推定する                  

植松慎一郎・・・・・・Erik Smolders

〇福島県内の農地における放射性物質に関する研究(第43報)-除染後水田での生育ムラ対策と牛ふん堆肥による地力回復効果―     

松岡宏明・・・・・信濃卓郎

〇未除染・除染後草地の2011~2017年における牧草中放射性セシウム濃度の推移について                    

渋谷岳・・・・・・山本嘉人

〇放牧草地における地形面毎の牧草への放射性セシウム移行と交換性カリ含量の推移

山田大吾・・  村恭子

〇ダイズGmHAK5ノックダウン系統個体のセシウム吸収特性

二瓶直登・・・・・・・杉山暁史

〇カリ施肥量がイネの根におけるカリウム輸送体遺伝子発現量とセシウム吸収に及ぼす影響                  

石川淳子・・・・・・・・・近藤始彦

 

(以上同一テーマの複数の著者についてはfirst author last authorのみを記しています)

ーーーーーーーーーー
  
 
(森敏)
2018-07-20 18:38 | カテゴリ:未分類

A先生「森さん昭和16年(1941)生まれでしょう? 僕もそうなんだ。最近思うんだけど、僕らの世代が戦争の体験記憶を持った最後の世代なんじゃないか? 昭和20年の8月終戦の時に満で3-4歳だったから。それより後の世代は全く戦争が記憶にないはずだ」

 

小生「空襲を覚えてるよ。高知にいたから。真夜中に東の空が真っ赤にいつまでも燃えていたんだ。防空壕から見えたよ。かなり年取って後から調べると7月4日の真夜中未明にB-29の120機以上の編隊による絨毯(じゅうたん)爆撃だったんだ。焼夷弾を1千トン以上落としたということだ。高知市の中心街は火災で灰燼に帰したね。死者400人以上、1万戸以上の家が全焼した。たった一時間で今回の西日本激甚豪雨の死者200名以上の被害だ。僕のところは少し西の旭駅前町というところだったので、からくも助かったんだ。坂本竜馬の家も全焼したとずっと後になって知ったんだ」

 

A先生「僕は鹿児島の実家に居たんだけど、昭和20年の4月ごろから連日のごとく頻繁に米軍の爆撃機が沖縄から飛んできて爆弾を落としていったんだ。このまえ偶然テレビで見たんだ。アメリカ軍の記録フィルムで、丁度僕の町の海岸の上を飛んで上から写真を撮っているのが写っていた。人々が逃げまどっている。あんな風に我々の姿が丸見えだったんだね。あの中に僕もいたのかもしれないと思うと、僕も機銃掃射でやられていたかもしれないと思うと、いまさらながらぞーとしたよ。8月には長崎に原爆が落とされたといううわさを聞いたな。広島原爆のことは知らなかった。歴史的に言っても九州では長崎が中枢だったので情報伝達がはやかったのでもしれないね」

 

小生「僕は広島も長崎も原爆投下の話を聞いたのは、高知から兵庫県の芦屋の小学校に転校してからだ。「原爆の子」という映画を見てからかな? 時代が錯綜しているけれど。高知の片田舎ではそういうことには全く奥手だったんだね」

 

A先生「アメリカのトランプ大統領はとにかく朝鮮で戦争はやりたくないと言っているのは、なんのかんの言われていても彼の判断は賢明だと思うなー。日本政府の世論工作はおかしいよ。北朝鮮の脅威ばかりあおって、自衛隊のミサイル装備を充実すべきだと言ってるけれど、みんなそんなに戦争をやりたいのかね。今の若い人たちにはいったん戦争になったら、みんなどうなるか、想像力があるのかね」

 

小生「ぼくの親父は山本五十六による真珠湾攻撃があった時に、日本国中が歓喜で湧いていたけれど「この戦争は負ける」と直ちに判断して、僕が生まれてから一年後に家族全員を郷里の高知の旭駅前町に引き揚げさせたそうだ。技術屋としてアメリカの物量作戦にいずれ負けると考えたのは当然の判断だったんだね。1歳になったばかりの僕の記憶にはないんだけれど、親父は、1945年までいて終戦直後帰ってきたようだ。そこらへんの引き上げ時の苦労話は残念ながら親父からはいっさい聞いていない。母も小生にはいっさいゃべらずに亡くなったな。そうだ、兄や姉が生きているうちに、彼らが間接的に親父から聞いているかもしれないので、今のうちに聞いておかなくっちゃ、兄姉らも平均寿命が過ぎているのでそろそろ死んじゃうからね」

 

A先生「ぼくの母の兄が終戦後朝鮮から引き揚げて鹿児島の実家に帰ってきたときのことをよーく覚えているよ。駅に迎えに行ったんだ。現地で、理由は言わなかったけれど奥さんに死なれて、小さな女の子を一人連れて軍服軍帽姿で帰ってきたんだ。憔悴しきっていた。みすぼらしい姿だったなー(涙)。戦争は絶対にしちゃいけないよ。僕はボランテイアでやってる子供たちへの授業で、それだけは声を大にしていつも話をしているんだ。これこそが僕ら戦争を知る最後の世代の任務だと思ってるんだ」

   


FC2 Management