2013-10-10 05:25 | カテゴリ:未分類
現地からの情報です。転転載します。

 
死んだのは、以前よりお伝えしていたブルトンの3歳オス「夕月」(6日)と、
ミニチュアホースの2歳メス「メリー」(昨日9日)の2頭。
もう1頭のサラブレッドには今のところ急速な衰えはない、と。
獣医の死亡診断は「病名不明」。

手を尽くして厳正な検査をしてくれる医師・研究者を捜していたのですが、
間に合いませんでした。
症状は、今迄の死んだ馬と同じ。脚筋肉の痙攣→歩行異常→歩行不能→死亡です。
心の底から、馬たちに謝りたい。今そういう心境です。

これで9ヵ月間に計19頭。
これだけの異常事態にも拘らず、
政府や公的機関は何もしない、来ようともしない。医師や学者もフリーズしたまま。
これが日本という国の、全くウソのない現実なのでしょう。

(小早川氏より)



付記:
参考までに直近のWINEP記事の動画見てください。
秘密

トラックバックURL
→http://moribin.blog114.fc2.com/tb.php/1762-d019854d