2013-10-06 07:10 | カテゴリ:未分類
 
飯舘村・福島再生支援東海ネットワーク事務局から以下のメールがきました。遅ればせながら転載します。

ーーーーーーーーーーーー

飯舘村からの速報です。


細川牧場のブルトン「夕月」に異常がでていることはお知らせしました。
加えて更に1頭のサラブレッド、1頭のミニチュアホースに同一症状が出始めているとのことです。
いずれも脚の筋肉の痙攣、歩行異常、歩行困難化。夕月は状態が少し緩和されているようですが、サラブレッドが深刻になりつつある、と。


これで9ヵ月間に計20頭。にもかかわらず、この治療と原因追求に正面から取組もうとする研究者が全くいないという、極めて考えにくい事態。
しかし、これが日本という国の、或はそこに生きる我々の本当の姿。
ま、めげずに取組んでいくしかありません。
 

oumasannburudonn_1490745807_n.jpg
図1.ブルトン「夕月」に異常


http://www.youtube.com/watch?v=hxN3J9KtOao

3頭の異常な馬の動画は以上のサイトにアップされています。撮影のタイミングがずれて足のけいれんがうまく取れなかったそうです。 なお、この動画サイトには以前に紹介した腰が抜けた馬の動画も保存されていますので、再度ご確認ください(森敏)

秘密

トラックバックURL
→http://moribin.blog114.fc2.com/tb.php/1758-4a623514