2013-09-22 08:53 | カテゴリ:未分類

以下読者からの投稿です。

 

「警戒区域の浪江町を走行していると、道路の真ん中に子狸がうずくまっていました。腰から尾っぽまで地面に近い下半身の毛が抜けています。左後ろ足を引きずっています。人間に追われれば、普通は全速力で逃げるところですが、この子狸は弱々しい足取りで草むらに消えていきました。 以下 のようにその時撮影した動画から2枚の写真を切りとってみました。
s-20130614132320(1).jpg

s-20130614132320(2)--.jpg

                

尻から尻尾・後ろ足まで、脱毛というのか、減毛というのか、わからないですが、毛のボリュームが著しく減って、色も白くなっているのがわかります。特にこの狸は左後ろ足を痛めていましたので、腰から下を地面に着けている時間が長かったのでは。放射線の影響と見ていいのか、動物関係者の人に見てもらいたいです。


参考のために、ネット上で画像検索した普通の狸の後ろ姿のものを添付してみました。以下はパクリです。通常はこの写真のように、ふさふさしていると思います。
正常たぬき2  

  

付記:
      ちなみに小生が撮影した福島での過去の写真をまさぐってみると、今年の6月に捕獲されていたタヌキの写真の尻尾はふさふさして健全でした(森敏)。
IMG_2696--.jpg

   


追記:今日は神社の祭り日である。朝からひがなお神輿が付近を練り歩く。
秘密

トラックバックURL
→http://moribin.blog114.fc2.com/tb.php/1748-53b41570