2013-09-11 06:41 | カテゴリ:未分類
ぎしぎしー- 
ギシギシのオートラジオグラフ

DSC00534--.jpg 
上図の原図(押し葉)。光っているのはセロテープです。
 

  現在耕作放棄されて2年半がたった田んぼではギシギシが過繁茂している。

  これは汚染土壌の飛沫がくっつかないように、丁寧に、極力背の高いギシギシの頭頂部を採取したものをオートラジオグラフに撮ったものである。感光フィルム(BAS)の面積(20cmx40cm)に入るように、いくつかの部分に切りはなして集めている。
  
  根から吸収された放射性セシウムが新芽や抽苔した花や種子などの生殖組織の部分に強く分布していることがわかる。この図からも、放射性セシウムはカリウムとおなじく植物によって利用されて積極的に代謝されていることが歴然としている。
 

 


(森敏)

秘密

トラックバックURL
→http://moribin.blog114.fc2.com/tb.php/1737-01bedbad