2008-07-03 10:47 | カテゴリ:未分類

kuukiseijyouki

薄型空気清浄機の真上からの写真。

メガネと比較してください(約10cmの厚さ)


 

 

 

ホテルの室内空気清浄機

 

ホテルの部屋で薄型のポータブル空気清浄機を見かけた。音が静かで軽くて性能が良さそうである(写真)。小生はこれまで4台の空気清浄機を買ったが、このタイプは旅にして初めて見る物であった。3年前にこの駅前のホテルに夏に泊まったときには、本当に空気が汚いと思った。そういう空気を吸いながら寝ると朝起きが良くない。

 

日本の大都市では、駅前の値段が高いホテルは、全館空気を清浄して各部屋に送り込んでいるようであるが、そのようなホテルは地方では少ない。安いビジネスホテルは、何の吸排気装置も無く、掃除の時に窓をあけて空気を入れ変えているだけのようなので、車の排気ガスなどの空気でざらざらしている。小生の鼻ではSOxNOxも感じられる。

 

ましてや、もっと安いホテルでは、部屋の空気やカーテンにタバコを吸った履歴が残っているところもある。未だ喫煙部屋と非喫煙部屋を厳密に分けていないで泊めているホテルもある。そういうところでは音の静かな脱臭能力の高い空気清浄機が有ればありがたいのだが、これまで松山市のビジネスホテルで一度経験したことがあるぐらいである。

 

別に全くメーカーの宣伝をするつもりはないのだが、日本中のビジネスホテルの各部屋に性能の良い静かな空気清浄機が設置されることを祈りたい。

 

(森敏)

 

追記:2008年9月12日 JR青森駅近くのホテルに泊まった。旧たたずまいで安かった。部屋に行くと案の定タバコの匂いがする。そこでフロントに電話で「禁煙室に部屋を変えてほしい」と早速連絡したが、なかなか返事が来ない。業を煮やして廊下に出てみると、件のフロントマネージャーが、あっちこっちの部屋を空けて、匂いを嗅いで廻っているところであった。そこで小生が代わりに嗅いで廻って見て、タバコの匂いの少ない部屋に落ち着くことにした。格別に禁煙室と喫煙室に分けて部屋割りをしていないと言うことであった。今時、少し無神経な気がしたね。安ホテルだから「空気清浄機を持ってこい」とまでは言わなかったのだが。 

 

 

秘密

トラックバックURL
→http://moribin.blog114.fc2.com/tb.php/170-37d8cd8e