2013-05-24 10:58 | カテゴリ:未分類

 中国でカドミウム米が流通

土壌汚染拡大

 【北京共同】中国広東省で重金属のカドミウムに汚染されたコメが流通していたことが分かり、波紋を広げている。汚染米は広東省のほか湖南省や江西省からも出荷されており、農地の土壌汚染は各地に広がっているようだ。

 中国は最近もネズミの肉を羊肉に偽装して販売していた事件が発覚するなど食の安全をめぐる問題が後を絶たない。当局の公表遅れを批判する声も出ている。

 広東省広州市の食品薬品監督管理局によると、今年1~3月に市内で流通する「コメ及びコメ製品」を調べたところ、18サンプルのうち半数近くの8サンプルから基準値を超えるカドミウムが検出された。

(2013/05/22 16:28)

   

中国では日本で何十年もかかって起こした「公害」を10倍のスピードの短期間で起こしている。単純に言えば人口が10倍だからでもある。上記の共同通信の記事にあるカドミウム汚染米が、中国の全土に出回っている可能性は、日本の農学研究者では早くからうわさが流れており、最も危惧されていたことである。外国の隣人がそんなことを摘発すると、中国人のプライドをいたく傷つけるので、露骨には言わなかっただけなのである。しかし、今回は中国当局自身が分析して発表したので、この科学的態度は評価すべきであると思う。中国が世界標準の食品衛生行政に向かっている一証拠であるかもしれない。

単に日本の国内対策ばかりでなく、そういう世界規模でのカドミウム汚染土壌の拡大に伴うカドミウム汚染米の出現の可能性をも考えて、農水省と東大を中心とする農学研究者たちは、低カドミウム米の開発の必要性を早くから提案してプロジェクトを推進してきた。その結果最近農水省は「低カドミウム・コシヒカリ」そのものの重イオンビーム育種での実用品種化に成功した。この成果は「WINEP」のホームページに紹介している。 (コメのカドミウム汚染をなくす遺伝子を発見http://www.winep.jp/news/155.html , ついに成功! 低カドミウムコシヒカリhttp://www.winep.jp/news/153.html  )
 
小生はこの成功はノーベル賞クラスの研究だと賞賛してきた。しかしなかなか日本人はこのような先駆的な世界的な研究の価値をきちんと評価 しない。

アジアの各国が加速度的に工業化しているので、アジアの中進国も、きちんと調べれば、高カドミウム米を生産しており、そういうカドミウム汚染コメを食する潜在的なイタイイタイ病の患者を発生させていることを否定できない。
 
      今後は急速に国際化がすすむミャンマーなども気を付けないと諸外国の猛烈な工業投資で、無処理で劣悪な排煙や排水が、水田に流れ込んで、急速にお米の質を劣化させる可能性が高い。ミャンマーはお米が主要な輸出国なのでこの点では非常に神経質になるべきである。すでにそういうお米がタイ米やベトナム米などに混入して世界規模で輸出され流通しているかもしれない。
 
       だからこれらの中進国は工業化のためには日本の高度な「公害防止技術」をどんどん導入するべきである。同時に、すでに汚染した水田には「低カドミウム米」を普及してほしいと思う。低カドミウム米は日本の農水省が世界に打って出るべき最先端の育種技術である。
  
(森敏)

追記:

中国農地6分の1が汚染 発がん性のある重金属「カドミウム」 世界平均の2・5倍

(2013.05.27 ZAKZAK)

 環境破壊や公害が問題となっている中国で、発がん性のある重金属「カドミウム」による被害が深刻化している。広東省では汚染米が流通していたことが発覚。現地メディアが、「中国国内の全農地の6分の1がカドミウムを含む重金属で汚染されている」とする専門家の調査結果を伝え、波紋を広げている。

 衝撃的な汚染実態を報じたのは、26日付の中国紙、光明日報。同紙は、カドミウムなどの重金属で汚染された農地の面積がすでに2000万ヘクタール(北海道の面積の約2・4倍)に達し、中国の全農地の6分の1を占めているとする専門家の調査結果を伝えた。汚染は鉱山や工場、都市の周辺などでひどく、経済発展が進んでいる地域はより深刻だとする専門家の分析を紹介。別の専門家は汚染の原因として世界平均の2・5倍に上る過剰な農薬使用を挙げている。

 カドミウムは、戦前から戦後にかけて富山県で起きた「四大公害病」のひとつ、イタイイタイ病の原因物質。工業製品などに利用されるが、強い発がん性を持つ。

 専門家は農地が工場排水などで汚染されたのが原因とみられると指摘しているが、カドミウムの排出源はいまだ特定されていないとみられる。

 カドミウムをめぐっては、広東省広州市の食品薬品監督管理局が、今年1~3月に市内で流通する「コメおよびコメ製品」を調べたところ、18サンプルのうち半数近くの8サンプルから基準値を超えるカドミウムが検出されたと今月中旬に公表した。

 地元メディアによると、汚染米は、広東省のほか湖南省や江西省からも出荷されており、流通ルートに乗っていたことが判明。「毒米問題」として現地で不安が広がっている。

 輸入食品の10%を中国産に頼る日本もひとごとではない。

 防波堤となるべき検疫検査のシステムはあるものの、専門家の1人は「検査が行われるのは全輸入量のわずか10%に過ぎない。残りの90%は検疫をスルーして国内に入ってきている。輸入量は増えているのに検査機関数は横ばいでマンパワー不足も深刻だ」。

 

秘密

トラックバックURL
→http://moribin.blog114.fc2.com/tb.php/1698-b7db19a7