2013-03-19 07:07 | カテゴリ:未分類

なんてこった。原子力工学関係者が東電福島原発後にシャーシャーと強調している「多重防護システム」としての複数の非常用電源が確保されていないか、作動していないではないか。この期に及んで連鎖反応的な停電システムで操業しているとは! まったく聞いてあきれる。東電関係者はもう電源喪失は起こらないと慢心していたのだろう。非常用電源が一斉に津波を食らって喪失した時と同じ現象だろうが。


   

福島第一原発で停電。使用済み燃料プールが冷却停止

東京電力は18日、福島第1原発で午後7時前に停電があったと発表した。1、3、4号機の使用済み燃料プール代替冷却システムなどが停止し、19日午前0時25分時点で復旧のめどは立っていない。事故対応に当たっている免震重要棟も一時的に停電したが、すぐに復旧した。

 原子力規制庁によると、1~3号機の原子炉への注水に問題は生じていない。燃料6377体を保管する共用プールの冷却も停止した。

 東電は「配電盤か、接続されたケーブルが原因の可能性がある」としているが、規制庁、東電とも原因を特定できていない。東電が停電を公表したのは、発生約3時間後の午後10時すぎだった。

(2013/03/19 00:49カテゴリー:主要)
 

追記:使用済み核燃料プールへの外部からの冷却水の注水体制はできているのだろうか!?
  

(管窺)
秘密

トラックバックURL
→http://moribin.blog114.fc2.com/tb.php/1651-29f784f4