2012-10-12 06:07 | カテゴリ:未分類

 福島県平田村:内部被ばく 男性1人が国の基準超える

毎日新聞 20121011日 2117分(最終更新 1011日 2139分)

 福島県平田村の「ひらた中央病院」は11日、東京電力福島第1原発事故に伴い検査を希望した県内外8200人の内部被ばく検査結果を公表した。99%以上が検出限界未満だった。64歳男性1人が、生涯で受ける累積量の推計値「預託実効線量」が健康に影響を与えるとされる国基準(1ミリシーベルト)を超えた。同病院がこれまで検査したのべ約2万2300人で1ミリシーベルトを超えたのは初めて。

 男性の内部被ばくは1.055ミリシーベルト。自宅が避難指示解除準備区域にあり、イノシシの肉や川魚を食べていたという。同病院は、自生や家庭栽培の野菜▽セシウムを吸収しやすいキノコ類▽放射能未測定−−の食材を常食しないよう注意を呼びかけている。【神保圭作】

 

福島県の人口は1963341人(2012年9月1日現在)であるので、単純に倍率計算すると、1963341/22300=88.だから現時点でも1ミリシーベルトを超えている内部被ばく者は88人(あるいは100人弱)はいるかもしれない。氷山の一角かもしれない。よほど呼びかけを徹底しないと、今後も必ずこういう人が出てくることだろう。

 

(森敏) 

秘密

トラックバックURL
→http://moribin.blog114.fc2.com/tb.php/1546-1efeeb9d