2012-07-17 09:27 | カテゴリ:未分類

生態調査の最中に、飯館村役場の付近の水田で除染作業に出会った。施工業者はあまり質問を受けたくないようなので、何をやっているのか具体的な内容がよくわからない。だから写真だけとってきた。以下の写真説明は、除染作業に対する小生の想像である。 


IMG_4951---.jpg 

   

写真1:「農地除染対策実証試験をしています」平成24年8月31日まで。時間帯8時から17時。発注者 農林水産省東北農政局 施工者()不動テトラ・草野作業所。という立て看板を立てていた。 草野地区の地元の業者に除染の仕事を下しているようだ。
 

IMG_4937--.jpg

   

写真2:これは表土を耕うん撹拌したのみの区か、それとも表土を剥ぎ取って放射能汚染の無い山土を客土した区だと思われた。
 


IMG_4940---.jpg

   

写真3:これは深土40-50センチを天地返しした区と思われた。
 


IMG_4941---.jpg

   

写真4:白い田圃は表土を(5センチ?)剥離した土壌に白い粉(放射能吸着材としてのゼオライト?)を撒布しているところか?
 

IMG_4948---.jpg    

写真5:表土を(5センチ?)剥離した土壌を黒い1トン袋につめたものを水田の隅にずらりと並べているところ。ブルーシートをかぶせている。いずれどこか中間貯蔵施設に運ぶものだと思われる。一つの田んぼに120トンばかり置いている。表土剥離した水田の5分の一ぐらいの面積を占めている。
   
 
 

(森敏)
付記:せっかく公開でやっているので、実験設計も公開してくれれば、参考になるのだが。

秘密

トラックバックURL
→http://moribin.blog114.fc2.com/tb.php/1511-cc28b501