2012-02-08 13:21 | カテゴリ:未分類
福島第一原子力発電所事故から1年を迎えて 特別公開シンポジウム

放射能除染の土壌科学

―森・田・畑から家庭菜園までー

                                                        入 場 無 料     来 場 歓 迎
日時:3月14日(水) 13:00-17:00
場所:日本学術会議講堂(東京メトロ千代田線 乃木坂下車1分)
主催:日本学術会議土壌科学分科会 日本農学アカデミー
後援:日本農学会・(財)農学会 東京大学大学院農学生命科学研究科
協賛:ワールドウオッチジャパン

20120314_sympo_img_1.jpg 

除染必要区域16000km2、うちの畑もあなたの庭も菜園も入っている。
土壌の除染を調べた科学者たちが知ったこと、分かったことを話します。
聴き、訊いてください。 理解し、納得するまで。

************************ プログラム ***************************
開会の言葉 シンポジウムの趣旨について
    総合司会                       土壌科学分科会副委員長 宮崎 毅
序説 放射能汚染の枠組                                       土壌科学分科会委員長 三輪 睿太
Ⅰ 森林、土壌と作物の汚染
    森林の放射能汚染と除染                                    (独)森林総合研究所 金子 真司
    福島県における作物と土壌の汚染                    福島県農業研究センター 佐藤 睦人
    作物影響の新知見                                                              東京大学 根本 圭介
    土壌汚染の新知見                                                              東京大学 塩澤 昌
    ショートコメント 放射能の生物濃縮                             東京大学名誉教授 森 敏

Ⅱ セシウムの土壌科学
                                                                                     京都府立大学 中尾 淳

Ⅲ 森・田畑土壌の除染
    農水省の除染マニュアルとその考え方
                                                                     (独)農業環境技術研究所 宮下 清貴
    農地と森林除染の新たな試み                                               東京大学 溝口 勝
    ショートコメント 建設土木技術の応用                                日本土壌協会 松本 聡

Ⅳ 総合質疑 みんなの疑問・私の考え
閉会の言葉
    土壌科学の社会への貢献を目指して           日本学術会議 会員 西澤 直子

問い合わせ先 (財)農学会事務局 黒住圭子 電話 03-5842-2210 または
日本学術会議土壌科学分科会委員長 三輪 睿太郎(email metaro313@nifty.com )



このシンポジウムでは小生も話すことになっています。
   
(森敏)
秘密

トラックバックURL
→http://moribin.blog114.fc2.com/tb.php/1383-e05bf895