2012-02-04 10:49 | カテゴリ:未分類

NHKで以下のニュースが流れた。

 

福島の放射性物質 米大学が調査(2月4日7時37分NHK)

東京電力福島第一原子力発電所の事故で放出された放射性物質が、周辺に生息する生物にどのような影響を与えているのかについて調べるため、アメリカの大学の研究チームが、ことし5月から、福島県などで本格的な調査を始めることになりました。

調査に当たるのは、アメリカ南部にあるサウスカロライナ大学のティモシー・ムソー教授の研究チームです。ムソー教授の研究チームは、チェルノブイリ原発事故で放出された放射性物質が、周辺地域に生息する鳥や虫、それに植物などの生物に、どのような影響を与えているのかを13年以上にわたり継続的に調べています。その結果、毎時1マイクロシーベルトから3マイクロシーベルトといった低い線量の地域でも、鳥や虫などの生物に個体数の減少や異常が見られたとしています。こうしたことから、研究チームは、福島第一原発の事故でも、鳥や虫などの生物を長期に渡って調査することで、低い線量の放射線の影響が分かるのではないかとみており、日本の研究者などの協力を得ながら長期的に調査したいとしています。研究チームを率いるムソー教授は、調査に向けた準備のため、今月中旬から福島を訪れる予定で、「鳥などの生物は、世代交代のペースがヒトと比べて早く、放射線が遺伝に与える影響も調べることができる。ヒトへの影響を調べるうえでの手がかりになる」と話しています。

 

  

日本の生態学者はいったい何をやっているんだろう? いまだに国や大学として総合的な放射能の環境影響調査チームが組めないようだ。

 

本来ならば、問題意識のある研究者なら東電福島第一原発暴発当時から直ちに現地に入って、生態学的な放射能汚染調査に着手すべきだったんだ。
 
  すでに10ヶ月のブランクができてしまっている。この間の欠測値の影響は学問的に大きいと思う。要するに政治家ばかりでなく日本の生態学研究者は<平和ボケ>しているのだ。

  

上記の実に奇妙な表現(太字にご注意)のNHK報道を深読みすれば、アメリカの研究者がズカズカと、福島第一原発による被害国日本に乗り込んで日本の大学の研究者でも自由に入れない警戒区域に入って調査研究をやるということなのだろうか。この引導をしている日本の研究者は一体誰だ? どの所轄官庁だろう? 
  

このニュースを聞いて、小生は思わず戦後の原爆投下後広島へ乗り込んできたアメリカの原爆傷害調査委員会(ABCC調査団)を思い出した。彼らは原爆投下当事国であるにもかかわらず原発被害国日本の広島・長崎に乗り込んで行って、病院まで建てて日本人の被害調査データを長期にわたって徹底的に搾取していったのだった。

 

日本の生態学者たちには「自分の国のことは自分たちでとことんやれ」と強くいいたい。

 

このNHK報道は、日本の研究者としては実に不愉快極まりないものだ。日本の生態学者達に力量がないなら仕方がないかとも思うのだが、そんなはずはないだろう、と強く信じたい。

  

  

(森敏)
 
付記:同じような記事がIndependent紙に掲載されていることを読者から教えていただいた。雑誌が出るまで中身の批判は控えたいが、このNHKの語り口は、実に奇妙で、ある。中身の信憑性を疑わせるものがある。
 

追記1:「共同通信」の以下の記事を見落としていた。
 
環境省が独自に生態調査を始めているようである。放医研以外に大学の研究者が入っているかどうかわからない。

ここでいう長い年月
にわたるモニタリング研究は是非やってもらいたいが、それだけではつまらない。環境省は大学人も交えて、新しい発見につながるようなフィールドワーク研究の枠組みも構築すべきである。
  
そうでないと、外国の研究者がどんどん研究対象を求めて乗り込んでくるだろう。


環境省、動植物への影響調査 原発事故の警戒区域内外で

警戒区域内でネズミを捕獲する研究者ら=1月、福島県内(環境省提供)

 環境省は27日、東京電力福島第1原発事故による周辺の生態系への影響を調べるため、警戒区域内外で動植物を採取し分析を始めたと発表した。放射線量やセシウムの含有量について長期的にモニタリングを行う。

 調査の対象は、国際放射線防護委員会(ICRP)が放射線の影響を受けやすいとしている12種類の動植物を中心に選定。昨年11月から、警戒区域内外でマツやイネ科のキンエノコロの種、ネズミを採取。形態や染色体の異常の有無と繁殖の状況を調べ、放射線医学総合研究所(放医研)などと連携し分析を進める。

 環境省の担当者は「科学的な知見を蓄積することが大変重要」としている。

(2012年127)

秘密

トラックバックURL
→http://moribin.blog114.fc2.com/tb.php/1378-f222d250