2011-12-16 08:10 | カテゴリ:未分類

以下の記事はせっかく放射能を校庭の芝の霜よけシートで捕捉(トラップ)・濃縮できているのに、それを環境省の指導で、区がほかのごみと混ぜて燃やして濃度を薄めるべし、ということである。せっかく濃縮した放射能を濃度をうすめて埋立に持って行けということである。
 

この発想は、たとえて言えば公害企業が海水を引き込んで工場からの廃液のダイオキシンの濃度を薄めて排出すると、排出濃度基準をクリアできるという論法と同じである。
 

かつて、日本でもこういう論法がまかり通ったのは、有害化合物の「総量規制」でなく「濃度規制」だったからである。一見合法的だが、環境汚染をかえって増大していることになる。それと同じことが、放射能に対しても行われようとしている。
 

当面の糊塗策としてこの指導は合法的ではあるが、長期的には間違っている政策だ。長期的には、高濃度のまま暫定保管できる施設を作るべきだろう。それの方がはるかに容量が少なくて、被ばく環境も少なくてすむはずだ。

  

いったい杉並区のごみ焼却場のごみは現在本当に全部1キログラムあたり8000ベクレル以下となっているのだろうか? 
 

現在1キログラム当たり8000ベクレルという暫定規制値がまかり通っている。焼却場を持つ各自治体には「高濃度放射能廃棄物貯蔵庫」を設置することを法律で義務つけないと、今後も日本全県で薄めて埋設するべき放射性廃棄物の膨大な量が発生し続けるのではないだろうか。

    

関東東北一円での「活性汚泥処理場」や「ごみ焼却場」で濃縮した中濃度放射能をさらに高温焼却濃縮すれば、高濃度の減容した放射能焼却灰や飛灰となる。このような高濃度放射能の埋設施設を、ゆくゆくは東電第一原発敷地内に設置すべきである。
 
それか、現在国が進めているように、その周辺の残念ながら住民が数十年にわたって帰還不能の超高濃度汚染地域一帯を国が買い上げるか借り上げて、そこの国有林などに設置すべきなのである。全国の、減容した高濃度汚染物をそこに運び込み、埋設する。これでどうだ?。

   

放射能は拡散してはいけない。我々の環境から濃縮隔離すべきである。そのためにお金がかかっても仕方がないだろう。実はそれが「静脈産業」の振興にもなるのである。

    

現在各大学の放射性廃棄物処理費用は膨大なものがある。これらはガンマ線もあるがほとんどがベータ線でごく低線量である。現在は、東北や関東の大学では放射性同位元素施設内の放射線量(0.02-0.05マイクロシーベルト/hr)よりも施設外の方(0.1マイクロシーベルト/hr以上)がはるかにバックグラウンドが高いという、笑うべき奇妙な状態になっている。
     
現在の法律は全くそういう環境放射能汚染状態がくることを想定して作られていない。低い濃度のところでの規制がやたら厳しいのである。
 

現状の広域放射能汚染という事態に、法律の整備がまったく追いついていない。

     

ついでに言及すると、各大学からの放射性廃棄物は全部いずれは六ヶ所村に運ばれている。そこに大学から運び込まれたまれた放射線総量は今回の東電福島原発事故で全世界にばらまかれた総放射線量からいえば10-14乗ぐらいの量だろう。この、ほとんど問題にならない大学からの放射性廃棄物の処理に、実に馬鹿げた膨大な経費がこれらの放射線取扱業者には支払われているのである。ばかげた法規が業者を儲けさせているのである。
       
放射線取扱の関連法規の改正が急務である。それが件(くだん)の魑魅魍魎(ちみもうりょう)の「原子力村」を解体する事にもつながるかもしれない。いや実は、あんがい、つながらないかもしれない。日本原子力研究開発機構は除染作業ですでに復興予算の膨大な利権に取りついていて、予算をむしゃぶり食い始めているからである。(追記1参照)

                                 

杉並の小学校 極めて高い放射性物質 12.13.18:6NHK

:::::::::

東京・杉並区の小学校で、ことし4月上旬まで校庭に敷かれていた芝生の霜よけシートから、1キログラム当たり9万600ベクレルの極めて高い放射性セシウムが検出されたことが分かりました。この数値は国がそのまま埋め立てることができるとしている、1キログラム当たり8000ベクレルの10倍を超す数値で、杉並区はこのシートをほかのごみと混ぜて焼却する方向で検討しています。1キログラム当たり9万600ベクレルの極めて高い放射性セシウムが検出されたのは、東京都の杉並区立堀之内小学校の校庭で芝生の上に敷かれていた霜よけシートです。このシートは、震災のあとのことし3月18日から4月6日にかけて芝生の上に敷かれたあと、先月初めまで体育館の脇に置かれていて、杉並区が先月シートの周囲の放射線量を測定した結果、1時間当たりの平均で、シートから1メートルの高さのところで1.13マイクロシーベルト、1センチの高さのところで3.95マイクロシーベルトの放射線量が検出されました。このため杉並区がシートそのものを測定した結果、1キログラム当たり9万600ベクレルの極めて高い放射性セシウムが検出されたということです。区は現在このシートを施錠した倉庫で保管しているということです。放射性物質が付着したがれきや、一般ごみを燃やした灰について、環境省は、放射性セシウムが1キログラム当たり8000ベクレル以下であれば、そのまま埋め立てることができるとしています。このため杉並区は環境省と協議した結果、「シートにほかのごみを混ぜて焼却して、8000ベクレル以下にすれば埋め立てられる」として、このシートを焼却する方向で検討しています。


 

(管窺)

付記1:

3大臣が18日に来県 区域見直し、中間処理施設提示へ
平野達男復興担当相、枝野幸男経済産業相、細野豪志環境相・原発事故担当相は18日、福島市で佐藤雄平知事、避難区域指定の被災11市町村長と会談する。
 3大臣は、16日に予定する東京電力福島第1原発の事故収束に向けた工程表「ステップ2」の終了を受け、住民避難区域見直しの考え方や、除染で生じる土壌などの中間貯蔵施設について双葉郡を候補地とすることなどを伝えるもようだ
 3大臣は、佐藤知事や被災市町村長と意見交換することで、年内に予定する区域見直しなど政府発表の環境を整えるとみられる。
 政府は、区域見直しについて警戒、計画的避難両区域を年間の放射線量で「長期帰還困難」「居住制限」「解除準備」の3区域に再編、年間50ミリシーベルト以上の長期帰還困難区域の土地買い上げなどを検討している。
 中間貯蔵施設については県が提示を求めている施設の規模や立地のための環境条件も含めて伝えるもようで、佐藤知事は方針提示を受け、中間貯蔵施設の県内受け入れの検討に入る。
(2011年12月16日 福島民友ニュース)


追記1:

 廃炉や除染、産官学で研究…遠隔ロボなど開発へ

 東京電力福島第一原子力発電所の廃炉や除染のため、産学官で共同技術研究に乗り出すことが16日分かった。

 政府と東電は、東芝や日立製作所など原子力関連企業と共同で「研究開発推進本部」(仮称)を設立する。放射線量が高い中で30~40年かけて廃炉を進める前例のない作業になるため、英知を結集する。21日にも発表される、収束に向けた工程表に盛り込まれる。

 具体的には、原子炉建屋内を除染する装置や、遠隔操作によって原子炉内を調査できる国産ロボットなどの開発を目指す。

 本部には、原子力研究を行う独立行政法人「日本原子力研究開発機構」(JAEA)や、原発施設の建設に携わるゼネコン、学識経験者らも加わる見通しだ。トップとなる本部長は、関係省庁の政務三役から選出する方向だ。

201112170304  読売新聞)
 
   
追記3:
環境省、除染支援の省令を公布2011.12.14.12:30フォームの終わり

環境省は14日、東京電力福島第1原子力発電所の事故で汚染された地域のうち、放射線量が年間1ミリシーベルト以上の自治体を国が除染を支援する「汚染状況重点調査地域」に指定することなどを盛り込んだ省令を公布した。来年1月1日付で施行する放射性物質汚染対処特別措置法に基づく。同省は対象になる自治体を近く決定し、公表する。

 指定対象は航空機の測定などで空間線量が毎時0.23マイクロ(マイクロは100万分の1)シーベルト(年間1ミリシーベルトに相当)以上となっている自治体。約100の市町村が対象になる見通しだ。これらの市町村は線量を詳しく調べて除染計画をまとめ、国の財政支援を受けて自ら除染する。

 また、省令には下水道の汚泥や焼却灰などの廃棄物に含まれる放射性セシウムの濃度が1キログラムあたり8千ベクレル超であれば国が処理する「指定廃棄物」にすることも盛り込んだ。

 同省令案は文部科学省の放射線審議会などで了承を得ていた。

 




秘密

トラックバックURL
→http://moribin.blog114.fc2.com/tb.php/1338-b2114b24