2011-10-18 10:03 | カテゴリ:未分類

先日のWINEPブログに対して読者から以下の考察をいただいたので転載します。近い将来の東海南海大地震ではありうる可能性についてです。
  

    

「ご指摘のように、利根川は首都東京にとって、危険な存在です。<徳川利根川東遷>とは、江戸時代に利根川の流れを、江戸川筋を流れて江戸湾に落ちていた流れを、常陸川を通って銚子へ変遷した話ですが、最近では疑問説や否定説を唱える専門家が、出てきました。 
     
特に巨大地震の後では、茨城の地方紙常陽新聞「茨城の水源取材班」では、利根川の東遷は徳川時代の人為的なものではなく、利根川東遷地殻変動によるものではないかという説がでており、現在調査中です。
               

 今回の巨大地震の様に、茨城県全体が東に引っ張られ、海岸線全体が沈下すれば、現利根川はスムーズに流れますが、東海・東南海地震等で、相模トラフが沈み込み、江戸川河口部が銚子より比高差が低くなれば、江戸時代初期の様に、利根川が加須から東京湾に一機に流れ込む可能性も、否定できません。」  

 

秘密

トラックバックURL
→http://moribin.blog114.fc2.com/tb.php/1293-e3c88ffe