2011-09-14 06:26 | カテゴリ:未分類

IMG_1344-.jpg  
放射能汚染で問題になっている林地内のチチタケ

             
  
Winepブログでは、東電福島原発暴発(2011年3月中旬)のすぐあと、いち早く「野生のキノコや野生動物の放射能汚染に対する危惧」を警鐘した(2011年3月29日のブログを参照ください)。今それが現実になってきている。福島県は全県でキノコの販売を禁止した。やむを得ないと思う。

     

    このキノコに関しては、菌糸が宿主植物のセルロースやヘミセルローズなどを分解しながら、維管束に侵入して体中に蔓延するので、もし宿主にフリーの放射性セシウムがあれば、セシウムはカリウムと同族であるので簡単にキノコのカリウムトランスポーターを通じて体内に吸収されると考えられる。移行計数 (キノコの放射性セシウム含量Bq/kg乾物重)/(宿主の放射性セシウム含量Bq/kg乾物重)は0.5~1に近い。
   

       

    それでは植物以外の野生昆虫などは汚染していないだろうか? 今回植物採集のついでにきまぐれに、現地で昆虫を採取して、それを押しつぶし乾燥して、放射線画像をBASという方法で撮影してみた。 いずれもわずかに放射線が検出されたが、いちばん放射線濃度が高かったのは、カタツムリであった。このカタツムリは生まれたばかりの8ミリぐらいの小粒であったが、そのふたから内臓にかけて汚染されていた。
 
    
IMG_2536--.jpg   
    
  
左上 イナゴ、右上 蛍の幼虫、
中央左のたてに3つあるもの 押したのでつぶれたカタツムリ、
カタツムリの右横2つ カメムシ、
一番下のカタツムリの右横 バッタ、
一番右下 コオロギ。
 
        

昆虫たち- 
 
    
上の写真の昆虫をBASでとったラジオオートグラフの像。
上の写真と対応した部分を見てもらいたい。
黒い部分が放射性セシュム汚染を示している。

    
IMG_2531---.jpg かたつむり-
 
 
3つのかたつむりを拡大したもの(ひしゃげている)。
左が原図、右がBASの像。
かたつむりのふたの部分がおもに強く汚染されているように見える。 
 
 
   

これらの昆虫のセシウム汚染度は    

  

カタツムリ>蛍の幼虫>コオロギ>バッタ>カメムシ>イナゴ

  

の順であった。カタツムリは、表皮を食べて葉の上をはい回ってキノコと同じく、セルロースを分解して栄養源としているので、一番汚染されているのかも知れない。

  

     
  このほかジョロウグモ、蟻なども採取したが、きちんと容器を用意していなかったので、これらは腐って溶けたり、逃げられたりしてしまった。雀蜂やアブは追いかけ回されたので採取できなかった。ミミズは見かけなかった.蝶々やセミも非常に少なかった。 
 
   

  生態学者はこれらの昆虫などを観察すると、きっと得るところがあるだろう。現地の人はいくつかの生き物の異変が気になっているようだ。
 
                      
  
汚染地の森林土壌では、土壌の表層2-3センチに生息する目に見えない土壌微生物を含めた生き物が、そこの落ち葉や土壌から、常時数十万 ― 数百万ベクレル/m2という強い放射線を受けつづけている。だから、かれらの細胞内では、現在進行形で遺伝子変異が起こっている真っ只中だろう。生殖細胞もやられているので次世代に催奇形成がおこらないと考えるほうがおかしい。数世代のちには放射線で淘汰されて、放射線耐性の生き物のみが生息することになるだろう。
 

     
                    

(森敏)
 
付記1:キノコに関しては次の記事がある。

野生のキノコから基準値超のセシウム 福島県、注意呼びかけ
 

福島県は10日、福島市、白河市、川内村でとれたハツタケと、いわき市のアミタケ、同市と棚倉町のチチタケから国の基準値(1キロあたり500ベクレル)を超える760~1万3900ベクレルの放射性セシウムが検出された、と発表した。いずれも野生で、県はキノコ狩りに注意を呼びかけている。 :::::(福島民報)
   

追記1:以下のように広がりを見せている。

 

福島県東部の野生キノコ出荷停止 郡山など4市町村(朝日新聞)
 

政府は15日、福島市や郡山市など福島県東部の43市町村の野生キノコについて出荷停止を指示した。これまで県内6市町村で国の基準を超える放射性セシウムが検出され、より広い範囲の汚染が予想されるため。福島県は林道に看板を立てるなどして野生キノコを採取しないよう呼びかける。

 厚生労働省によると、野生キノコは放射性物質を吸収しやすい上、今後、放射性物質を含んだ落ち葉でさらに汚染される可能性が高いという。本格的なキノコ狩りシーズンを前に県内59市町村のうち43市町村で規制することにした。:::::(沢伸也)

 


秘密

トラックバックURL
→http://moribin.blog114.fc2.com/tb.php/1249-a134c5ab