2011-08-27 15:52 | カテゴリ:未分類

       
    いろいろ文献を調べたのだが、小麦種子中のセシウム含量のデータが見つからなかった。仕方がないので、われわれが過去に実際の野外の圃場試験をしたときの小麦を、冷蔵庫で保存していたので、それを分析してみた。結果は以下の図と表である。

 

      

 Cs-K相関--

          
   
  

元素小麦種子中の濃度(平均値)
K 3810 ppm
Cs1.2 ppb
  

 つまり、表からはセシウムはカリウムの3百万分の1という、極めて薄い濃度でしか存在しない。      

この図から小麦種子中のカリウム含量とセシウム含量は何の相関もない独立事象であることがわかる。 
         

専門的になるのでここではデータの提示に留めたい。関係者は頭に入れておいていただければありがたい。
          
  お米のセシウム含量に関しては、すでにWINEPブログでわれわれの分析値を紹介しておいたので、どうかさかのぼってみてください。
          
(森敏)
      
付記:超微量のセシウムの分析は東洋大学・生命科学部・長坂征治準教授によるものです。  

秘密

トラックバックURL
→http://moribin.blog114.fc2.com/tb.php/1222-bba73da4