2011-05-24 17:45 | カテゴリ:未分類

こういうのは研究とはいわない

                      

下記のニュースが眼にとまった。


放射性物質、地表5センチ以内に9割 広島大など調査

 東京電力福島第一原発から放出されて降った放射性セシウムが、事故後1カ月以上たっても地表から5センチ以内に9割がとどまっていることが広島大などの調査でわかった。15センチまでなら99%以上という。旧ソ連・チェルノブイリ原発事故では、汚染された表層土を60センチ下に埋める方式を実施した。今回の校庭などでの土壌汚染でも「上下入れ替え方式」が有効なことの裏付けになりそうだ。

 広島大サステナセンターの田中万也講師(地球化学)らは、郡山市など福島県の4カ所の土壌を4月13日に取り、放射性セシウムなどの濃度が深さでどう変わるか調べた。その結果、郡山市日和田町の2カ所と西白河郡矢吹町では地表から5センチまでに放射性セシウム全体の約97%が、福島市飯坂町では約88%がとどまっていた。いずれも15センチまでに99%以上があった。

 セシウムは土壌の粘土と強く結びついて表層にとどまり、深いところにしみこまない性質がある。埋めてしまえば、セシウムはその場を動かず、放射線は地表に届かない。放射性ヨウ素も同様に地表から5センチ以内に75%以上がとどまっていた。京都市で開かれている国際分析科学会議で24日発表する。(2011.5.24.朝日新聞 )

 


この記事で云れていることはほぼ、過去のIAEA(国際原子力機構:International Atomic Energy Agency)など他のおおくの研究者からも研究しつくされて、ほぼ100%すでにわかっていることである。WINEPブログでも紹介されているようだ。
  

・5月5日 「読者からの質問に答える」

・5月6日 「見事な放射性セシウムの土壌断面(soil profile)への集積データ」

    
の2つを振り返って見てもらいたい。

   

福島県では父兄の突き上げで校庭の放射能汚染表土を削って深土と入れ換える「天地返し」がすでに行われており、現在進行形でもある。現場の技術者が「天地返し」をすでに技術として行使しており、その有効性の理由もわかっている。
 
それをわざわざ大学の教員が再現してやることもないだろう。それをわざわざ新聞が大げさに取り上げることもないだろう。いわんや国際学会で報告するほどのことだろうか。我が輩と同じ意見が、国際学会ではきっと出るだろう。
  

玄葉科学技術担当大臣や内閣府の総合科学技術会議が第4期科学技術基本計画に 「復興・再生や災害からの安全性向上への対応」を課題に加え、答申し、その理由として「平常時の成長を前提とした計画の推進は良識を欠く」として、環境と医療の2本柱に加え「放射性物質による①汚染土壌の浄化や ②汚染水の処理、③放射線の健康影響評価」などの課題解決に取り組む。としていることは、先のWINEPオブログでも紹介されている。

      

 そういうことであるから、この大型予算獲得をねらって、現在あちこちから、この方面の研究に参入しようとする研究者の動きが現在活発化している。

 

しかし同じ国家予算を使うのだから、少しは放射能除染のための新技術開発につながる<オリジナル>な研究課題を採択してもらいたいと思う。研究費審査の評価者は、この放射能汚染研究の過去の研究例に良く精通した目利きであってほしい。でないと膨大な予算の無駄使いになるだろう。

        

 (管窺)

秘密

トラックバックURL
→http://moribin.blog114.fc2.com/tb.php/1097-32ba4efc