2011-05-18 08:41 | カテゴリ:未分類

日・中・韓の首脳が東電福島原発訪問予定とは?

  

  

中国の温家宝首相と韓国の李明博大統領が地震津波被災地を訪問のあと、東電福島原発を訪問するという。原発への招請のへの理由が「3首脳がそろって原発の地元に入ることで『安全』を強調し、日本産品などの風評被害に一致して取り組む姿勢をアピールする狙いもある。」(本日朝日新聞朝刊)とのことである。

   

外務省はいったいなにを考えているのだろうか?

    

日本人の大部分の人がいまだに大きな不安を抱えている東電福島原発のメルトダウンした3基の現状に対して、なぜそんな恥さらしな「安全」なんてことを言えるのだろうか?

       

温家宝首相は地質の専門家の理系の出自だから、一発で日本政府の欺瞞を見抜くだろう。真相を知れば怒るかもしれない。いや、すでに真相は伝えられているだろう。稚拙な恥さらしの外交をやるもんだ。詭弁も外交のうちか。
 
 
日・中・韓の三首脳がホウレンソウや苺を食べて「安全」をアピールするような愚かなことを、韓・中両首脳に強制するパフォーマンスは、やめてもらいたいものだ。両氏が世界に向かって恥をかくだろう。

          

  

(喜憂)
   
追記:予想通り福島名産のサクランボを3首脳がほおばっている写真が流れた。それでも、温家宝は山梨と山形の2県の農産物輸入解禁をしただけで、ほかの汚染農産物が検出された県は、解禁しなかった。韓国はどうしたのか報じられなかったが。
 

 

秘密

トラックバックURL
→http://moribin.blog114.fc2.com/tb.php/1085-83a2c49c