2011-05-03 08:10 | カテゴリ:未分類

科学技術基本計画に土壌浄化

 
 

玄葉光一郎科学技術政策担当大臣は、2日の閣議後会見で、今後5年間の科学技術政策の指針となる「第4期科学技術基本計画」の柱に、放射能に汚染された土壌の浄化や汚染水処理のための技術開発を盛り込む意向を示した。菅政権は基本計画を8月までに見直すことにしている(朝日新聞5月3日朝刊)

  
 

  玄葉氏は福島県が選挙地盤なので、放射能汚染土壌の浄化には、誰よりも思いが強いものがあるだろう。
 
  しかしセシウム汚染土壌の浄化は容易でない。
 
  しかし、不可能を可能にすることが科学的挑戦である。大いにやる意味がある国家的課題だと思う。
 
 

  
(森敏)

秘密

トラックバックURL
→http://moribin.blog114.fc2.com/tb.php/1056-a7e9d43f