2011-05-01 22:42 | カテゴリ:未分類

 

原発から200キロも離れても、セシウム900ベクレル以上の牧草汚染とは

 

「 県畜産課によると、市原市では放射性ヨウ素が基準の3倍超となる1キロあたり230ベクレルで、同セシウムも基準の3倍超の1110ベクレルだった八街市でも同ヨウ素が90ベクレル、同セシウムで350ベクレルで、ともにわずかに基準を超えた。今後、同県内の畜産家は、県産の牧草を避け、輸入牧草などを使うことが求められる。」

「牧草の放射能汚染の程度は牧草の形状や成長した時期にも左右されるが、市原市は福島第一原発から200キロ以上離れており、農水省は牧草の禁止地域は広がる恐れがあると見ている。」
  

  上記の昨日と本日のネットでのニュースから判断するに、東電福島原発から(東電の計算では毎日154兆ベクレル放出されている?とどこかに書かれていたと思うが)の放射能はまだまだ地面に蓄積し続けている。文科省が総力を挙げて測定している「空間放射能値」が日変動して増減を繰り返している。ということは、放射能は、単に空中に漂っているばかりではなく、確実に地面に降下して蓄積しており、牧草ばかりでなく、露地野菜、山菜(こごみ)、タケノコまでも!汚染している。
   
  下図に示した塚田祥文らの研究では下図の一番最後の植物に示すように、牧草は移行係数(TF)0.14となっており、非常に高い。であるから、すでに地面にこれまで降り注いだ放射性セシウムを土壌から吸収して、葉の部分に移行させた値が、降下して葉に蓄積した値に合算されている公算が非常に高い。
 
  これはラジオオートグラフまたはBASの像を取れば直ちにわかることである。WINEPブログでも紹介したように、天正らのイネのラジオオートグラフ像から解釈すると、もし、牧草の葉の中肋が強くフィルムに感光されれば、根から吸収されたセシウムが、地上部に移行したことを意味している。
  
   
TF牧草プレゼンテーション1- 
  (参考文献) 塚田祥文:各種農作物における
     土壌-植物間に137Cs移行係数 
     2006 秋 原子力学会要旨 p604 

  

  販売を禁止されていた野菜農家は、販売が解除されたから安心というわけではないはずである。今後のことも考えて、可能な限り、土壌をマルチして、現在進行形の降下物をさらに土壌に触れさせないことを勧めたい。野菜に関して土壌の汚染の基準が示されていないので、マルチが充分でなかった農家や、表土を取り除かなかった農家は、今後は土壌経由の根からのセシウム吸収汚染を警戒しなければならない。
  
      
(森敏) 
 
追記1:
  この記事と、以下の記事を含めると、赤字で示した 市原、八街、足利、那須、熊谷、東秩父 と、東電福島原発からかなりの遠距離まで牧草の放射能汚染が広がっていることがわかる。これらの距離の圏内からは、今後はもっと多くの地域の牧草にも放射能が検出されるだろう。牧草はこれからどんどん成長するだろうから、すでにこれまでに降り積もった汚染土壌からセシウムを吸収するだろう。残念ながらこの牧草は牛に食べさせられないが、牧草を次々と刈り取ることによって、意外に効率よく、牧草地は、汚染が浄化できるかもしれない。それらは燃やしてはいけない。燃やすとセシウムは、一部が揮散するからである。堆積発酵させて、土中に埋めるしかない。

 

栃木県内の牧草が基準値超え

2011.5.2 19:33

 :::::::栃木県によると、4月27日に県内4カ所で採取した牧草を検査したところ、足利市の牧草から基準値を超す1キログラム当たり90ベクレルの放射性ヨウ素(基準値は1キログラム当たり70ベクレル)と650ベクレルの放射性セシウム(同300ベクレル)を検出。那須町の牧草からは910ベクレルのセシウムが検出された。大田原市、高根沢町は基準値を下回った。:::::::
   
   

埼玉と栃木の牧草から規制値超の放射性物質

::::::::埼玉県と栃木県は2日、牧草に含まれる放射性物質を検査した結果、::::: 熊谷市の牧草からはセシウムが1キロ・グラムあたり420ベクレル、ヨウ素が同90ベクレル、東秩父村はセシウムが同340ベクレル。:::::::: 
 
 

追記2: 福島県農試のデータを検索すると、以下のデータが載っている。予想どおり、測定したすべての地域の牧草が基準値を上回ったセシウム汚染をしている。これらの数値を見ると、ヨー素にくらべてセシウムの値がはるかに高いので、東電福島原発の爆発時に飛んでき たものが大部分で、ヨウ素は半減期が8時間であるので、この時点ではかなりが消失しており、半減期が30年と長いセシウムのみが残っている。したがって、その後の放射能の降下の量は少ないのではないかと思われる。新鮮な降下物があればヨウ素の値が高くなるはずであるから。
  
 
牧草-

 


 
 

秘密

トラックバックURL
→http://moribin.blog114.fc2.com/tb.php/1054-5e3e6433