2011-04-16 07:13 | カテゴリ:未分類

ピンボケの原口
   
      

以下の発言が流れている。だから、技術が理解できない文系の政治家は危険だ。原発問題に関しては、政治的決断の問題ではない。有効な技術があるかどうかで判断ができなくて迷走しているのだ。技術があるならそれを提案しないで、菅直人首相に対して政治的決断をするかかどうかだけを問うている。これは国民を誤解に導く発言であろう。何が何でも菅直人をやめさせたい気持ちはわからないではないが、無理難題の批判は、かえって己の無知を露呈するようなものである。なぜこの国難に積極的に政権に協力しようとしないのか。小沢派の言辞は全く理解ができない。


     

決断できなければ退陣を=民主・原口氏

 民主党の原口一博前総務相は15日午後、フリー記者らによる「自由報道協会」主催の記者会見で、福島第1原発事故への政府の対応に関して「高濃度の放射性物質を海に流さないためにどうするか。その決断ができないのであれば総退陣すべきだ」と述べ、初動の遅れや迷走が指摘される菅政権に厳しい見方を示した。(2011/04/15-21:14

    

(喜憂)

 

 

秘密

トラックバックURL
→http://moribin.blog114.fc2.com/tb.php/1036-fb0e4bec