fc2ブログ
2024-03-22 09:41 | カテゴリ:未分類
ある日、私は目覚めて、自分がトースターであることに気づいた。パンを焼くことが生きがいだった。しかし、今日は違った。私はパンを焼く代わりに、冷蔵庫で冷やされたサラダを温めようとしていた。なぜだろう? 私の中のヒーターはサラダに向かって熱を発していたが、サラダはただ冷たく、シャキシャキしているだけだった。

私はキッチンを見回した。コーヒーメーカーは紅茶を淹れていた。電子レンジは冷凍ピザを冷やしていた。そして、冷蔵庫は... あれ? 冷蔵庫はどこに行ったのだろう? 私は確かに冷蔵庫を見たはずだが、今はただの大きな象が立っている。象は鼻で水を吸い上げ、キッチンの床を水浸しにしていた。

「おい、トースター。何してるんだ?」と象が言った。

「私は... サラダを温めているんだ」と私は答えた。

「サラダを温めるなんて、トースターらしくないな」と象は鼻を鳴らしながら言った。

私はその時に気づいた。私はトースターではない。私はただの人間だ。人間がサラダを温めようとしていたのだ。でも、なぜだろう? 私は混乱していた。私の頭の中は、トーストされたパンのようにカリカリしていた。

そして、私は目が覚めた。それは夢だったのだ。私はベッドにいて、目覚まし時計が鳴っていた。時計は、今日が私の誕生日であることを教えてくれた。私は笑った。私はトースターではなく、人間だ。そして、今日は私の誕生日だ。サラダは冷蔵庫に安全に収まっていて、トーストはトースターで焼かれていた。

私は起き上がり、新しい一日を始めた。今日は何もボケることはない。少なくとも、私がトースターでない限りは。


ーーーーーー
  これは、
「人間は年を取るとボケが入ってきます。いわゆる認知症です。AIはぼけますか? ボケが入ったエッセイを1000字ぐらいで創作してみてください。」 と、生成AIに指示して書いてもらったものです。
 
  身体のないAIは当然、気質的にボケることはありえませんが、過去の膨大な”人間の様々なボケの文章情報(小説、雑文、医学の診断書など?)”から、ボケ(認知症)とはどんな症状かを学んで、AIが以上のボケたエッセイを書いてくれました。

  このエッセイは細部にまでよく読み込むと非常にうまくできていることがわかります。人間の脳内の4次元空間を駆け巡っている情報が、無秩序を装って巧みに(?)組み込まれています。いわゆる夢遊状態を記述しています。


   実はこのAIがぼけるかどうかの試みは、作家の五木寛之さんが週刊新潮の「生きるヒント」というエッセイの中で「AIは、はたしてボケルことができるだろうか?」という疑問をなげかけているので、小生が試みてみた次第です。

つまり、AIはぼけたまねができるのですね。

  以上お粗末でした。

(森敏)


付記:漫才での,いわゆる”ボケとつっこみ” のおちゃらけたボケとは認知症とはちがう意味ですので、関西人の読者はこんがらないでください。