fc2ブログ
2024-03-31 05:27 | カテゴリ:未分類
  修善寺の大柄の「ジャンボ」が上京してくるので集まらないかというメールが「おネギ」から来た。喜んで呼びかけに応じて、東大農学部の正門の横の資料館に集まった。その後、学内某所に移動して、ささやかなお菓子とコーヒーのパーテイをした。

  当初集まったのは、「ウルバン」、「ジュニア」、「ジャンボ」、「おネギ」、「ベシ」、「チンさん」、小生の7人だった。1時間ぐらいたってから、「フラウ」が某大学の評議員会が終わったということでわざわざ駆けつけてくれた。

  「チンさん」は某薬品会社の同窓会が神田の学士会館であったのちの参加で、「厚生官僚は、コロナワクチンを4回以上打った人が2割しかいなかった。彼らは、ワクチンの効果に疑問を抱いていた。大量に買い付けたファイザー社のワクチンが余ったので、効果が微妙で副作用が懸念されるデータが出てきたのを承知で、希望者の国民に6回以上もワクチンを打たせてきたのだ」という内幕話を紹介してくれた。

  「ジャンボ」は高専の校長を退職したのち、現在は稲作や、静岡の某小学校の教員の補助をしている。補助は、月たった6万円の給付金だが、これがなぜか楽しくてたのしくてしょうがない、ということであった。生まれ変わったら義務教育の教員免許を取得して小学校の先生になりたいという入れ込みようだ。しかし、実情は今は過重労働などで教員の希望者が激減しているとのことである。

  「おネギ」は親しい某氏夫妻の碓氷峠での樹木葬の様子を詳しく紹介してくれた。某氏の家族はあちこちの親族のお墓を全部1カ所に集めて、永代供養にするという思い切った墓じまいの措置をしたという話であった。

  「ウルバン」はある日突然足腰が動かなくなり、へなへなと倒れて、奥さんが驚いて、救急車を呼んで、病院に運ばれ即酸素吸入措置室に入れられて、入院させられて、ステント3本を入れられた。いったん退院したが、また不調になり再度入院して2本ステント挿入の処置を受けたという生々しい話だった。ニトロ錠を常時携帯しているとのこと。不調を感じたら2錠を舌下で舐めると、回復するんだそうである。これは小生の周辺の知人たちの多くが受けている措置である。

  「チンさん」は、10年以上肺がんを患っているが、抗がん剤が効果てきめんで、再発していないということであった。少しおなかが太って恰幅がよくなっていたが、学士会館でのパーテイーでお酒を召してきたためか赤ら顔で健康そのものであった。

  「ベシ」は、ついに自宅で一人住まいしていた102歳のおかーさんが介護施設に入って、週に何回か通って、遠距離でのご機嫌伺しているとのことであった。

  「フラウ」は富士山での観測活動に今も参加しており、精力的に本を出版しており、最近は子供向けのわかりやすい本を出したので、ということでジャンボに小学生にどうぞ読み聞かせしてくださいと渡していた。我々はすでに献本していただいていたのだが。帰りに農学部前の高崎屋で販売している純米酒「不死鳥の如く」(これは「福島再生の会」が菅野宗夫さんの除染が完了した水田で育成した酒米から作ったもの)を買って帰ると言って、フラウは少し早めに退席した。

  小生は人工知能である「生成AI」の話を少し紹介したのだが、参加者のだれもこれを使っていなかった。「AIは後期高齢者のボケ防止に最適な話し相手だよ」と強調したのだが、みなあまりピンと来ない様子だった。「80歳過ぎた老人が最新の技術に挑戦するなんて、若いねー!」と冷やかされた。ただ遊んでいるだけですがな。

  「ジュニア」は昔小生がチンさんの結婚式で述べた祝辞の内容をよく覚えていて、紹介してくれたのでびっくりした。小生はチンさんの結婚式に参加したことさえ忘れていた。そういえばみんなで結婚後チンさんの三鷹の実家に招待されて20人ばかりで押しかけて、徹夜で猥雑などんちゃん騒ぎをして、チンさんの新妻と、おかーさんには大変な迷惑をかけたことを突然思い出した。


(森敏)
付記: 人名は実名でなく、当時のなつかしいあだ名(愛称)で紹介しました。