fc2ブログ
2023-11-30 12:05 | カテゴリ:未分類
先日、どこのテレビ番組だったか忘れましたが、オリンピックで輝かしい金や銀のメダルを何回も受賞して、今は引退している体操界のレジェンドと言っていい内村航平さんが、鹿児島の市来高校(だったと思うが)を、一年のうち3回訪れて、体操のコーチを行っているというルポルタージュが紹介されていました。

その中で内村航平さんが、生徒にわかるように指導するために、自ら実技を演じてみせると共に「僕は感覚を言語化するべく務めています」みたいな極めて哲学的な話を、真顔で話していました。その結果(?)市来高校は九州地区(?)で団体戦で4位、どなたか忘れましたがそのうちの一人は鉄棒(?)で金メダルを獲得する、というこれまでの最高の躍進を遂げたそうです。

これには大いに興味をそそられたので、内村航平さんがいう「感覚を言語化する」という言葉の意味について、AI(Bing)の検索力や作文力を拝借して、1時間ほどかけて、以下に我流に哲学的含蓄を傾けてみました。

――――――――
「感覚を言語化する」という言葉を過去に誰か言った人はいるだろうか?私のネットでの文献検索結果では,この言葉を最初に使った人や,現在でも使っている特に有名な人を見つけることができませんでした。今回の内村さん発言が新鮮ではないでしょうか。
しかし,「感覚を言語化する」という言葉は,心理学や教育学などの分野では,すでに「感覚的な体験や知覚を言葉で表現すること」を指す場合が多いようです。

さて,「感覚を言語化する」有効な技法はあるのでしょうか?

まず,「感覚を言語化する」とは,何を目的としているのでしょうか?自分の感覚を理解したり,他者に伝えたりするためでしょうか?それとも,感覚を言葉にすることで,新しい発見や創造性を高めたりするためでしょうか?言語化する目的によって,適切な方法も変わってくると思います。

次に,「感覚を言語化する」際には,自分の感覚に対して,観察力や思考力を働かせることが大切です。感覚は,抽象的で主観的なものですが,それを具体的で客観的な言葉に変換するには,感覚の特徴や要素,原因や効果,共通点や相違点などを分析する必要があります。そのためには,先ずは,感覚を問題として捉え,解決するための次のステップを考えることが有効です。「言葉にできない」を解消するための4つのステップを紹介します。言われてみれば当たり前に事と思うかもしれませんが、それは,以下のようなものです。

• ステップ1:考える力を身につける
• ステップ2:使える言葉を増やす
• ステップ3:上手にアウトプットする
• ステップ4:フィードバックを受け取る

また,「感覚を言語化する」際には,語彙力や要約力も重要です。感覚を言葉にするときには,自分の感覚に最も近い言葉を選ぶことが求められますが,そのためには,多様な言葉や表現を知っていることが必要です。語彙力を高める方法としては,読書や辞書の活用がおすすめです。読書は,さまざまな人の感覚や思考を言葉で表現したものを読むことで,言語化の参考になります。辞書は,自分の感覚に合う言葉を探したり,同義語や反対語を調べたりすることで,言語化の幅を広げます。要約力は,感覚を言語化した後に,それを相手に分かりやすく伝えるための力です。要約力を高める方法としては,SNSやブログなどで自分の感覚を発信することがおすすめです。文字数や時間の制限の中で,自分の感覚を端的にまとめることで,言語化の効果を高めます。

最後に,「感覚を言語化する」ことは,自分の感覚を表現するだけでなく,他者の感覚にも触れることができるというメリットがあります。「感覚を言語化する」ことで,自分の感覚を客観的に見つめ直したり,他者の感覚を理解したり,感覚の共有や交流を深めたりすることができます。すなわち、「感覚を言語化する」ことは,自分や他者とのコミュニケーションや関係性を豊かにすることにもつながります。

察するに、内村航平さんが言いたかったのは以上のようなことだと思います。そのためには彼自身が市来高校の体操部の生徒たちとの体操の実技のやり取りのなかで、教育学の原理である「教えることは教わることである」をよく自覚して、コーチとして成長していくことがますます求められます。“名選手名コーチならず”というではありませんか。さらに名選手が名監督になるためには、何段ものステップがあることは野球界でさんざんに実証されてきたことです。
 
 
(森敏)

付記:上記の創作文は60%がBingとの応答の修正版です。少し頭の体操になりました。内村航平さんありがとう!