FC2ブログ
2019-09-21 16:45 | カテゴリ:未分類

某氏から、「面白い花を根付きでサンプリングしてきましたが、ご入用でしょうか?」というメールが届いた。
 
  願ってもないことなので、「できれば、根をできるだけきれいに洗って、ただちに新聞紙に強く押し葉にして、毎日新聞紙を取り替えて、1週間ぐらい経った後の完全に乾燥した“押し葉”サンプルを送ってください」と強引に頼んでおいた。その後2本の押し葉サンプルが送られてきた(図1、図2)。花の名前はショウジョウバカマと同定されていた。
 

スライド1 
 図1 ショウジョウバカマ-1 (根の部分の土がとり切れていない)
 
 

スライド2 
図2 ショウジョウバカマ-2  (根の部分の土はほぼ取り切れている)
 
 
スライド3 
 図3 図1の放射線像 (ネガテイブ画像:土の強い放射能によるハレーションがある)
 
 
スライド4図4.図2の放射線像(ネガテイブ画像)  花びらの基部の〇に注目。
 
 
 表1.ショウジョウバカマの部位別放射能(NaIスペクトロメーターによる)
ショウジョウバカマ1 

      

この植物は根と比べて、茎・花器の放射能濃度が、他の植物に比較して極端な差がない(表1)。いったん根に吸収されさえすれば、セシウムは容易に地上部に移行するものと考えられる。おそらく、いったんセシウムは根圏土壌から根に吸収さえすれば、根にとどまることなく、導管への排出のカリウムトランスポーターを通じて膜の抵抗なくセシウムは導管に排出されて、地上部に移行するのだと思われる。

    

特徴的なのは、花びらの基部に種子が形成されつつある部分(たぶん子房)が色濃くセシウム汚染されている(図2と図4の花器参照)。2019年春の双葉町の採取地点(羽山神社と後ほど確認した)根圏土壌の放射性セシウム濃度の約4分の1の濃度に花器に放射性セシウムが濃縮されている(以降係数0.248)ので、この植物はセシウムを次世代にも吸収移行しやすいのかもしれない。
  

  
(森敏)