FC2ブログ
2019-09-06 20:52 | カテゴリ:未分類
     
  2年前(2018年)の夏ごろ 、浪江町の空間線量15マイクロシーベルトの目の高さの位置の、民家の庭のセンリョウの枝を手折ってきた。
    
  以下の図1に示すように、センリョウは葉がとても厚くしかも繁茂していたので、押し花の脱水には時間がかかり苦労した。
    
  赤い実(み)がたくさんついていたのだが、乾燥中にかなり剥離した。乾燥させた赤黒い実(み)は葉と葉の間にあるので、この図1ではよく見えないのだが、図2や図3のオートラジオグラフでは、ちゃんと放射能汚染された実が多数撮像されていることがわかる。図2ではたくさんのきれいな黒丸が実である(図3では白丸)。
    
  図2、図3ではこの時点でもいまだにフォールアウトによる外部汚染の強い点々も撮像されて見えるが、植物全体がうっすらと均一に内部汚染であることがわかる。葉が互いに重なった部分は濃く写っていることがわかる。
    
  表1によると、種子が一番強く汚染している。

 
 
   
  
 
スライド4 
 図1。密集した葉の押し葉なので葉が互いに重なっている。葉の間に乾いた赤黒い実がたくさんあるのだが隠れていて見えない。
 
 
 
 

 
スライド2 
 
 図2.図1のオートラジオグラフ
 
 
 
 
 

スライド3 
図3. 図2のネガテイブ画像。 
 
 
 
 
 

 表1。センリョウの部位別放射能

 
スライド1 
 *放射能測定は2019年5月。
  
   

(森敏)