FC2ブログ
2019-08-07 09:12 | カテゴリ:未分類
以下の写真は、朝日新聞、読売新聞、ロイター通信からの無断パクリです。
文章も全文無断転載です。

   
  


スライド2



 スライド1



スライド3 


スライド4 




 スライド5


香港政府がデモ制御不能なら「中央は放任しない」

(読売新聞 2019年8月6日)

【北京=竹内誠一郎】香港の警察当局は6日、5日から6日未明にかけて行われた香港政府に対する若者らの抗議活動に際し、違法集会や公務執行妨害などの容疑で13~63歳の男女計148人を拘束したと発表した。

 香港政府によると、デモ隊の投石や火炎瓶などで警察署15か所が襲撃された。警官隊は催涙弾800発を使用するなどして強制排除した。デモ隊と警官隊の衝突により、49人が負傷した。

 中国国務院(中央政府)の香港・マカオ事務弁公室報道官は6日に北京で記者会見し、治安維持に向けた中国軍の投入について問われると、「香港政府が制御できず、国家の統一と安全に危害が及ぶような動乱となれば、中央(政府)は決して放任しない」と述べた。

 中国メディアによると、香港に隣接する広東省深センで6日、警官隊1万2000人が大規模訓練を行った。香港のデモ隊に似せたヘルメットにマスク姿の暴徒を鎮圧する内容で、混乱が長期化する中、香港の若者らを威嚇する狙いとみられる。

 

香港デモ148人を拘束 一連の抗議活動で最多

(2019.8.6.朝日新聞)

―「逃亡犯条例」改正問題を機に香港で政府への抗議が続いている問題で、地元警察は6日、各地で5日に起きたデモ隊と警察の衝突で13~63歳までの男女148人を拘束したと発表した。1日の抗議活動に伴う拘束者としては6月にデモが大規模化してから最多となり、当局が対応を強めていることが鮮明になった。

 警察によると、今月4日まで2カ月近い一連の抗議活動で使われた催涙弾の累計は約1千発だったが、5日だけで約800発が使用された
    

 香港政府によると、5日の衝突による負傷者は41人で、うち2人が重傷。道路を占拠したデモ隊によって破壊された信号機は200カ所に上った。デモ隊は路上で段ボールなどに火をつけて警官隊と対峙(たいじ)し、消防の出動は21件に達した。

 一方、民主派の労働団体は、5日に呼びかけられ空の便などに大きな影響を出したゼネストへの参加者が、約35万人に達したとの推計を発表した。

 香港メディアによると、中国政府の香港マカオ事務弁公室の報道官は6日、「香港政府の林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官への(共産党)中央の支持は全く揺らいでいない」と述べ、中国が林鄭氏を支える姿勢を改めて示した。(香港=益満雄一郎)

 
 
      

(以下はBBCニュース 2019年8月7日)
中国は6日、香港で9週間にわたり続いている、反政府や民主化を求めるデモの参加者に対し、「火遊び」しようとすれば「火によって滅びるだろう」とし、「中央政府の確固たる姿勢を過小評価」しないよう強く警告した。

国務院香港マカオ事務弁公室(HKMAO)はこの日、2週間で2度目となる記者会見を行なった。HKMAOが香港に関する会見を開くのは異例。

HKMAOの楊光報道官は、「過激なデモ」が、香港を「非常に危険な状況の瀬戸際に」 陥れていると述べ、デモ隊に対し、「自制を弱さだと誤解」しないよう忠告した。

さらに、林鄭氏に辞任を迫ろうとしても「何にもならないだろう」とした上で、一連の抗議行動は香港経済に「深刻な影響」をもたらしたと述べた。