FC2ブログ
2019-08-04 07:08 | カテゴリ:未分類
天安門事件と同様に、中国人民解放軍(PLA)が、着々と香港鎮圧の準備を進めている。 
     
   


     

中国軍、香港のデモ隊に動画で警告 暴動鎮圧を公開

(8月3日AFP

中国軍は、香港での抗議行動を鎮圧する武装部隊の演習の様子を撮影して制作したプロパガンダ動画を公開し、香港の独立派に対してあからさまな警告を発した。

 731日に中国人民解放軍(PLA)の香港駐屯部隊がソーシャルメディア上に投稿したこの動画では、同軍は香港の治安を維持する「自信」と「能力」があると字幕で宣言している。

 この3分間の動画では、同軍の戦車、ヘリコプターからの射撃、ロケット発射装置など、香港に配備されている軍用装備に加え、対テロ演習を行う重武装した部隊が登場している。

 また「暴動鎮圧」演習の様子も捉えられており、武装した兵士や装甲兵員輸送車を動員し、放水砲でデモ隊を散開させている。

 演習の冒頭には兵士が、中国本土で使われる標準中国語ではなく、香港で使われている広東語で、「どんな結果になろうとも自己責任だ」と拡声器を使って叫んでいる。

 この他、ヘルメットをかぶり、縦長の盾を抱えて警棒を手に行進し、鉄条網のバリケードを張り、アサルトライフルの銃口を向ける同軍兵士らの姿も映っている。

 また「警告、突撃を中止せよ、さもなければ武力行使に踏み切る」と書かれた赤い旗を掲げる幹部の姿も見える。

 演習は、兵士らが腕を背後で縛られたデモ参加者らを、「拘束地点」と書かれた幕が掲げられたエリアに連行して終了した。(c)AFPBB News

 

付記1:

以上のコピペ転載記事と「暴動鎮圧動画」は、この記事を転載した直後になぜかネット上から遮断された。
しかし動画は、ネット上であちこち探すとまだ見られるようだ。
    
付記2:
新華社通信は6月23日、李鵬氏が天安門事件当時、「
旗幟きし鮮明に動乱を制止する措置を取り、反革命暴乱を平定した」と伝え、「党と国家の命運がかかった重大な闘争で重要な役割を果たした」と強調した。